【SSS】後悔しない有料・無料おすすめVPNサービスを比較

VPNで暗号化VPN(暗号化通信)
この記事は約16分で読めます。

当記事は商売のように紹介料を得るリンクを採用。記事の出来が悪ければ容赦なく避け、情報だけ頂くといい。

実は、通信が暗号化されていても「活動情報(ログ)」をサーバー側で保持できてしまう。

それを避けるには、「保持しないと宣言していて信頼できるところを探す」のが正解だ。

ここではVPNの知識を無視して当サイトの知識を使い、「ノーログポリシー(活動情報を保持しない)」を宣言している&Windows・Mac・スマホ・タブレットで使える有料と無料VPNアプリ・ソフトだけを紹介していく。

VPNサービスをご存知で比較だけ気になる方は、VPNサービス比較(価格や特徴)まで飛ぼう。

私も使ってるやつ
スポンサーリンク

VPNサービスとは

VPNサービスの図

Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)サービスのことで、一般的にソフトをインストールするだけで、通信に保護階層を簡単に追加できる。

ただの「VPN」は基本的に社内ネットワークのことを指すので企業向け、「VPNサービス」はお手軽個人向けと覚えておくといい。

名前の通り、本来はセキュリティを大切にする機能。

ということで、事前知識なしにいきなりVPNを使用できる心構えを獲得するため、「基本中の基本」を述べておく。

以下の重要なことを気にするだけで「やりすぎな安全が確保される」と思ってもらって良い。

  1. ノーログポリシー
  2. 価格
  3. サーバーの数
  4. 通信速度

価格はお財布と相談になるが、上記4つが特に重要。

4つの中に暗号化レベルや会社の場所を入れていないのには理由があって、大体はパナマなど他国の法律(国家介入)に従わないような場所だったり、どこも軍事レベル級の暗号化技術を使いOpenVPNやIKEv2プロトコルを使っているため、海外では常識なのだ。

大体とはVPNトップ5くらいのことで、残念ながら日本のVPNサービスは含まれない。日本のVPNサービスの利点は日本語かつ日本円で支払えるだけという辛口評価になると言わざるを得ないほど遅れているので、比較対象にはならない。

フリーWi-Fiの危険性

最近のフリーWi-Fiは情報を入力するページがhttpsになっており、ウェブページ自体の安全度は上がったがメールやアプリの通信は何もわからない

この件はなかなかに恐ろしい状態なので、気にかけるべきだ。

さらに、「暗号化された有料Wi-Fi」だったとしても「共有の時点で完全に回避しきれていない盲点」も注意。

暗号化されたWi-Fi参考パスワードが公開された公衆無線LAN、暗号化されていても盗聴できる?(アカウント登録必須)

ほぼほぼアプリを使わずメールも使用せず、ウェブサイトを閲覧するだけなら必要ないとは思うが、不注意によるミスの持続する不安と付き合っていくことになる。

そして、VPNの料金はそれほど高くない。

NordVPN(ノール)の2年プランが月あたり約550円だったり、Surfshark(サーフシャーク)にいたっては2年プランが月あたり約219円と破格で、この業界はセキュリティ強化度の割にコストパフォーマンスが高い。

つまり、安心はお金で買えるのだ。

VPNサービス比較(価格や特徴)

人気機能・プラン以外は割愛。無料はProtonVPNしかないので省き、比較していく。

NordVPNExpressVPNSurfshark
1カ月プラン1280円約1,424円1,375円
1年プラン 月額616円約915円なし 6カ月は689円
2年プラン 月額397円なし265円(2年目以降毎年請求)
3年プラン 月額いつか復活?なしなし
同時使用台数6台5台無制限
指定アプリ除外×
サーバー選択×
サーバー数5700以上3000以上1040以上
P2P対応
P2P専用サーバー選択可能全部?(選択肢がない)日本経由はない
半固定IPごっこ×Static IPで可能になった?

ずば抜けて人気なNordVPN(ノール)とExpressVPN(エクスプレス)の2強が戦っている。

この2強が充実しているため、「セキュリティと価格を重視したいならNordVPN」・「セキュリティと海外経由安定速度を重視したいならExpressVPN」となっており、セキュリティが同等なら他のVPNを選ぶ必要がない状態だ。

と思ったら、後続のSurfshark(サーフシャーク)が現れた。似たようなセキュリティレベルで端末無制限、しかも2年プランが265円となっていて後続の強みを活かしている。

一応、NordVPN・ExpressVPN・Surfsharkの価格を置いておく。

料金プラン
NordVPN

ExpressVPNは通信速度をウリにしており、NordVPNと比べると設備費用代だろうか、お高めではある。

速度に見合った価格だろうが、比較相手を露骨に間違えたようだ。

ExpressVPNの料金プラン
ExpressVPN

速度をウリにするExpressVPNに喧嘩を売っているのか、Surfsharkは最速と謳ってこの価格である。

しかもデバイス無制限で逆に不安だが、2年は潰れないよう祈ろう(もう潰れる気配はないが)。

料金プラン
Surfshark
今回のSurfsharkの件で思ったが、この業界は安いキャンペーンを渡り歩き、「期限が切れたら乗り換え」→「安いキャンペーンを探す」のループが一番良いのかもしれない。

他社の価格は「Nord・Express・Surfsharkでいいや」となること間違いないため紹介しない。

まだ無名のSurfsharkを除く上記2社は有料VPN界隈で猛威を奮っているが、今後来る可能性が高いのは、無料プランが存在するProtonVPN(プロトン)。

セキュリティはNord・Express・Surfsharkと同じかそれ以上かもしれない。

というのも、この運営がProtonMail(プロトンメール)と同じであり、セキュリティの実績があるからだ。

ProtonMailは世界でもっとも安全なメールサービスを目指していて、匿名系メールで1番有名。

ちなみに、収入方法は広告ではなく「有料プランの利用」・「寄付」タイプ。

つまり、無料プランは使用感を確かめてもらい、有料プランにアップグレードしてもらうための入り口ということだが、無料VPNにありがちな通信制限はなんと無制限だ。

このように、4つのVPNサービスはソコソコ住み分けができており、それぞれにメリットがある。

  • 実績やサーバー数が豊富で、セキュリティとコスパ重視かつサーバー選択ならNordVPN(※68%割引の2年プラン)
  • 実績やサーバー数が豊富で、ゲームや海外安定速度重視ならExpressVPN(※1年プランは35%お得)
  • 実績やサーバー数は少ないが、セキュリティ・家族丸ごと通信暗号化ならSurfshark(※81%割引の2年プラン)
    • 追記:2020年2月17日:中国検問特化のNoBorders・Shadowsocksが実装されたため、中国在住は要チェック
  • セキュリティは重視するが、フリーWi-Fi程度のネット利用ならProtonVPN

この4つをさらに詳しく次の章で説明する。

スポンサーリンク

NordVPN

一番知名度が高く、よく使われているうえ私も使用しているVPNサービス。

そのため、英語で厄介な部分を私の使用している以下の設定を真似して、間違えてIPアドレス流出などの事故を最小限にすることが可能だ。

料金プラン

サーバーの数は、

  • 2018年7月1日:4715サーバー・62カ国・日本は49
  • 2018年10月23日:5115サーバー・日本は65
  • 2019年3月6日:61カ国(減った?)5375サーバー・日本は98(実際に選べるのは23)
  • 2019年4月25日:60カ国5199サーバー・日本は101(実際に選べるのは23)
  • 2019年7月21日:60カ国5761サーバー・日本は156(実際に選べるのは41)
  • 2019年9月17日:60カ国5559サーバー・日本は167(実際に選べるのは40)
  • 2020年4月25日:59カ国5716サーバー・日本は140(実際に選べるのは66

にまで増やすほどの勢いがあり、1つのアカウントで同時接続6デバイスまで使用可能。

ぷっぷ
ぷっぷ

定期的に減るのは謎(゚~゚o) 多すぎて使い切れないけども

サーバー数は公式発表と違うが、一定期間ごとにメンテナンス?で引っ込んでいる模様。それでもサーバー数は多いため、特に気にしたことはない。

また、私も使っている高度な使い方だが国はもちろん番号まで指定できるため、メンテナンスで引っ込むまでIPアドレスを固定化させることも可能(用途例:ログインIP制限)。

フィッシング詐欺・犯罪攻撃加担・広告ブロックをサーバーのほうでしてくれる「CyberSec」もある。

ただ、2年3ヶ月前に推定有罪で進むイチャモンがあったので、一応知らせておく。

※結局は業界初のログなしポリシー監査を完了したVPNになった。

日本語ではあるが、困った時は支払い方法をカンニングしよう。

昔は当たりサーバー選別が必須だったが、現在はだいぶ緩和された。それでも変なら、30日間返金保証を使おう。

NordVPNで、「漏洩の恐怖を抹殺」だ。

私も使ってるやつ
スポンサーリンク

ExpressVPN

超高速サーバーを謳っているVPNサービス。

速度こそ正義だと思う方は一番最初に確かめるべきで、匿名掲示板だとNordVPNより人気の印象(海外はそんなことはない)。

ぷっぷ
ぷっぷ

ファイル共有ソフトガチ勢だと海外経由で安全確保かつ速度がほしいから、それでExpressVPNなのかも?

ExpressVPNの料金プラン

なんと! NordVPNとSurfsharkの日本サーバーより遅い。

ところが、日本の速度と海外の速度がほとんど変わらず、あからさまにお金が掛かっているのか、非常に安定した速度を叩き出してくる。

ようするに、海外経由でVPNを使うなら、ExpressVPNの輝く真の使い方であり、向いているユーザーは

  • 海外出張ビジネスパーソン
  • 海外経由ゲームガチ勢
  • 速度重視トレント勢
  • お金無限

となっており、「速度が遅いことに不満を感じる人」向けである。

それでも遅かったら、容赦なく30日間返金保証を使うといい。

サーバーは94カ国、160の場所の全3000以上から選択でき、1つのアカウントで同時接続5デバイスまで使用可能(IP半固定不可のため、それ目的はNordVPN推奨)。

ちなみに、半固定IPはできない=IPアドレスほぼシャッフルなのでよりセキュア。

こちらも支払いと設定を迷いなくできるよう、案内を置いておく。

もちろんデータ保持法のない英領ヴァージン諸島が拠点のため、活動ログ・接続ログを記録せず、ExpressVPNはセキュリティと速度の不満を解消してくれるだろう。

※1年プランは35%お得
スポンサーリンク

Surfshark

突如爆安キャンペーンで現れた例のごとく安すぎて不安になるサービスだが、紹介してからどんどん成長して潰れる気配のない、入門にもってこいの格安VPNサービス。

中国検問向け要確認:2020年2月17日

NoBordersShadowsocks(こちらはWindows・Androidのみ)というグレートファイアウォール(金盾)突破機能なる強力なものが使える模様。私は使用していないが、中国在住であればかなり期待できるだろう。

【重要】2020年7月30日

WindowsアプリをVirusTotalにアップすると、複数の有名エンジン5つでマルウェア扱いにされる(問い合わせの結果誤検知=事実ではないとのこと)。ちょっと多すぎるため、追加で誤検知を消せないか問い合わせ中。なお、MacアプリやLinux、Androidは正常でWindowsのみの模様。追記:すぐに誤検知は減らせない仕様のため長期様子見。元々何回かフィルターなるものの変更をお願いしているようで、アプリを更新してもフィルターが壊れ、ウイルスとみなされるだそうだ。アプリはhostsファイルを変更、いくつかのC++バイナリが原因でアンチウイルスに嫌われているらしい。このため、Windows版のアプリは現時点でおすすめできない(信じているなら止めないが)。

サーバー数はソコソコ少なく(増加確認)、2018年頃と比べると新機能追加ペースが速い印象。

ぷっぷ
ぷっぷ

ランダムだけど、日本サーバーは3つくらい確認したよ! ExpressVPNも日本は3つだけだから、割と普通かも?

NordVPNにあるセキュリティ向上広告ブロック機能「CyberSec」と同じような「CleanWeb」や、後続の強み「先駆者のやっていることを真似る」のおかげでうれしい機能とセキュリティの基礎構築、そして値段だ。

料金プラン

具体的なサーバー数はわからないが、とりあえず日本に3つあるのは確認済み。

その適当に繋げた3つは、NordVPN同様日本から日本だと速度減退はほとんど起こらずいい感じだ。

サーバーの数
2019年4月25日追記

画像の500サーバーから800サーバーに増えていたキャンペーンの成果だろうか。

さらなる追記:2019年12月24日・61か国以上に1040台以上のサーバーとなっていた。昔から見ると倍になっており、なんだか育てている気分だ。

ぷっぷ
ぷっぷ

ちゃんと設備投資してるじゃーん∩(・∀・∩

一部のユーザーにはうれしいであろう「指定したアプリをVPNから除外する」機能も付いている。

だいたい以下の目的で使用。

  1. ゲームなどVPNを通す必要がなく、通信速度低下を避けたい
  2. 不調をきたすアプリを除外したい
  3. VPN接続中にSNSなどにログインする際、今までログインしていたIPと紐付けられてSNS側にバレてしまうのを防止?
この機能はNordVPNにはないので高ポイント。ExpressVPNは付いている。

そして、最大の欠点は「国は選べるけどもサーバーを選択できない」ことだ。

静的IPのサーバーもありました.こちらはサーバー単位で選べるようです.日本だと7サーバー確認できました.

引用:かずっちょさんのコメント

Static IP(静的IP)タブにあるサーバーが固定IPのようなので、試していないがIPログイン制限ごっこをNordVPN同様できる模様。

かなり成長を遂げ明らかにNordVPNより新技術の投入が早いため、安いわりには仕事をしてくれる。

というわけで、「ただ接続して暗号化されれば良い・コスパ」向けがSurfsharkのポイントだ。

この業界はプラン変更が早いので、2年目以降毎年請求のタイミングが来る前に別のVPNサービスを検討し、コスパを求める旅をするといい。

こちらも不満があれば、30日間返金保証でゴリ押しGO!

※2年プランは81%割引(2年経過後は毎年請求)
スポンサーリンク

ProtonVPN

『貴重』な無料プランが存在し、セキュリティは折り紙付きのProtonVPN。

プラン選択

有料プランはVPNサービス業界の中でも高め。無理やり褒めるなら日本のVPNサービスレベルの価格で平均的かもしれない……。

無料プランのため「日本」・「アメリカ」・「オランダ」の3カ国しかなく、1つの国に2つずつ無料サーバーがあるので、実質6サーバーしか選択できない。

だが、無料サーバーに日本があるのはうれしいことで、海外からのアクセスを禁止しているウェブサイトも閲覧できる。

そして、一番のメリットは「通信制限がない」ところだ。

無料VPNで有名なTunnelBear(トンネルベア)は月500MB、hide.me(ハイドドットミー)は月2GBとどちらも通信制限があるのに、ProtonVPNにはない。

これにより、フリーWi-Fiを主に使う方やライトユーザーは満足に使えるだろう。

通信速度は新興勢力のためか、いまのところVPNを接続していないときの速度が出てしまっている。本来は低速になるはずなので期待しないように。

高すぎるセキュリティでユーザー数は獲得できると思うため、通信無制限にする必要があるのか正直疑問だ。

そのうち改悪されそうなVPNサービスNo.1だろう。

ちなみにProtonVPNがあまり広まっていない原因は、広告を出していないからだと思われる。

スポンサーリンク

IPv6の対応や無効方法

「ナニソレ?」という方は幸せものなので、VPN業界まとめまで読み飛ばそう。

どこの会社もほぼ使えるはずだが、IPv6のサーバーはないので速度の恩恵がよくわからない(IPv4のサーバーを通ってIPアドレスが変わるセキュリティ仕様のため普通に閲覧できる)。

IPv6はIPv4との後方互換がなく、IPv6で正常に利用できるサイトだらけの世の中になるまでどこのサービスもIPv6サーバーは出現しないと思われる(時代待ち)。

ぷっぷ
ぷっぷ

肝心の「IPv6なのにIPv4になるなら速度低下するんじゃないの?」に関しては覚えてないんだよね(´ε`;) v6に乗り換えてv4に戻しても、乗り換え前のv4のみより速かったから当時無効化(現在は非推奨)を常用してたような(謎現象)。

また、だいぶ普及したはずのIPv6が原因によるトラブルをやりすぎセキュリティのコメント欄で一切聞かないため、この記事に記載されているVPNはやはり問題ない可能性が高いと言えるだろう。

各社のIPv6ブロック(リーク:漏れ保護)に関する記述

つまり、重要なのはIPv6で接続した際IPv6が漏れるのかであるため、対応している・していないはIPv4のサーバーを通って閲覧している以上、ほとんどの人に関係ない可能性が高い。

確認方法はVPNを利用した状態で以下のサイトへアクセスし、

右側にIPv6アドレスが表示されない画像のような状態ならリークされていない。

IPv6 test not reachableならOK

リーク以前に繋がらなかった場合はIPv4へ強制的にできるが、IPv6登場したての頃とは状況が代わり、現在は優先順位を変更するだけで無効化は非推奨の模様。

ちなみに、私は「プレフィックス ポリシーでIPv4よりもIPv6を優先する」でNordVPNを使っている(当初と状況が違うので標準に戻した)。

かなり前にイジった記憶があるなら、IPv4よりもIPv6を優先するように変更しておこう。

もし接続できなかった際は、コメント欄での犠牲報告をお待ちしている。

スポンサーリンク

VPN業界まとめ

この業界のサービスは思いのほか安上がりだ。

フリーWi-Fiは自分のミスで重要な情報を送信してしまうかもしれないし、毎回そのミスを警戒するのはストレスでしかない。

軽い感じ・お試しな感じで使用してみよう。

失敗しても30日間返金保証がある

英語は確かに面倒だが、翻訳した当サイトの画像でカンニングすれば、実際はほとんど触らない。

この記事で紹介した4つ以外のVPNサービスも結局やっていることがほぼ同じなので、やはり紹介した4つに絞って探す時間を浮かし、当サイトで決めてしまうのが宣伝文句ではなく本当にオススメだ。

私も使ってるやつ

コメント

  1. 匿名 より:

    やすいMullvadに目がいってる。どう思いますか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      モグラのやつですよね?アリです!
      月額5ユーロは600円くらいなのかな?
      次に紹介するVPNといったら、間違いなくこのMullvadですね。会社所在地もある珍しいVPNのようです。
      NordVPNのイチャモン記事の方で、ちゃっかり述べていたりもします。
      私が見た時は日本サーバーが1つもなかったような気がしたんだけど、気のせいかな(゚~゚o)
      現時点で日本サーバーは4つあるみたいですね(WireGuard含む)。
      NordVPNはまだWireGuardテスト段階なのに導入はやーい
      使ったこと無いけどオススメ!
      デメリットはサーバーの数がExpress同様少ないのと、一応スウェーデンなので14の目なるものの範囲に入っている程度ですが、他は基本的にNordより上という印象で間違いないでしょう∩(・∀・∩

  2. 匿名 より:

    ほむほむ。詳しく教えてくれてありがとうございます
    別の記事もみさせてもらったのですが、長期的に使うとなるとNordVPNがよさそうですね…
    ただ一月あたりの料金がMullvadのほうが安いし、ビットコインだけで決済できるのでまずはMullvadを使って行こうと思います。
    ところでNordVPNの70%オフはどの程度のスパンでやってるのでしょか?

    また、このサイトでも注意喚起してほしいのですが、AppStore でVPNと検索するとVPNネコというアプリが一番上に表示されます。5万件近く評価もかかれて、評価も4.5なのですがこのアプリとても怪しいのです。

    会社名を検索しても見つからないし、別のブログこ情報を調べると会社名が変わってるし、パソコン版は存在しないし、中華産のアプリです。

    それなのにTwitterでとても人気なんです。みんなの利用方法は海外で日本のサイトをみるのに使ったり、逆に海外のアプリを使うのに利用しています。その機能さえ使えればなんでもいいと思うので、VPNネコに代わる無料のアプリはありますでしょうか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      NordVPNの70%引きはかなりの長期、去年は10ヶ月くらいやっていたのですが、何ヶ月か消えて2年だけ~の時とかありました。
      逆に2年が無くなって「あれー?」って時もありましたので、私もよくわかっていません…… とりあえず、毎年同じプランをループしているわけではないみたいです。
      ちなみに、今月入って開始された3年プランだけ+1ヶ月は初めてですね(AmazonPay限定ではあったけども)。
      私はユーザー数の関係であと何年かはNordVPNでございます∩(・∀・∩
      セレブになったらExpressかMullvadを試すと思います……
      ココだけの話、NordVPNは何ヶ月か前に値上げして、そこで差が縮まっちゃった感はでてます!

      VPNネコは初耳かと思ったらアイコン見たことあるな~(゚~゚o)
      redditで検索してもドラえもんしかでてこないし、ちょっとわからないですね。
      会社名どうやって調べるんだろう。
      Secure Connection PTY. LTD.ではなく販売元の「FOURSEASON YUMMY PTY. LTD.」だとオーストラリアの会社が出てきてしまいましたが、それ以上はよくわかりませんでした。
      Webサイトもなければ会社名も存在しないので、中国発アプリだという根拠も見つけられませんでしたし、仮に中国発だったとしても、当サイト的にはそれで怪しいとは判断できませんでした。
      「怪しい」だと判断するなら、当サイト的にはHotspot Shieldレベルから非推奨を発表するかな~といったレベルですね。

      無料VPNは面倒なので、当サイトはProtonVPN以外紹介しません(*゚▽゚)
      普通にProtonがオススメですが、やはり日本語ではないから入門としては不人気感すごいです。
      他にあるとしたらトンネルベアーとかハイドドットみーだとかありますけど、Protonと比べちゃうとやはり目劣りするので、Proton以外考えられない感じです∩(・∀・∩
      VPNネコから促すとしたらProtonですが、VPNネコが怪しいとは特に思っていないので、何もしないと思います。
      ただ、知り合いに使っている人がいたら「収入源が調べたけど謎だったから、Protonに変えて」と確実に言います 笑

      • 匿名 より:

        ぷっぷさんへ。二つほど質問があります。
        ①コロナショックでの政府からの給付金受け取りに、記入用紙を郵送か、オンラインでマイナンバーを送信するかになっています。
        今後はデジタル化が加速して公共手続きはほぼマイナンバーになると思いますが、クレカに比べオンライン送信には抵抗感があります。
        散々クレカ情報をオンラインで使っておきながら今更というのも自覚しております。
        VPNを通す事はこれらの送信のセキュリティに役に立ちますか?

        ②ぷっぷさん一押しのNordVPNはアプリ別の解除が出来ないようですが、やはり万全を期すなら各サービスのアカウントにアクセスする度にVPNを解除した方がいいでしょうか。そこまで気にするならSurfsharkにするべきでしょうか。
        よろしくお願いします。

        • ぷっぷぷっぷ より:

          ①マイナンバーの仕様はまったくわかりませんが、クレジットカードなどの情報を入力する際に、例えばフリーWi-Fiの件だとたとえその通信が暗号化されていなくても、VPNの暗号化トンネルを通るので暗号化されます!
          マイナンバーって確か、カードリーダとか使うアレですよね。どうなってるんだろう(´ε`;)
          結局は通信に載せてるから暗号化されているようにしか見えないんですけど、ちょっとよくわかりません。
          ②スプリットトンネリングのことかな?(ホワイトリストに入れてそのアプリはVPNを経由しない機能)
          現状、私は常時VPNでわざわざVPNを外してすることはそうそうないですね。
          基本的にはアプリのログインでVPNを経由していても、バグることはないです(あったとしても「他国からの利用はご遠慮願いますみたいな注意書きが出るくらい」)。
          時折どうしても確認できない場合などは一旦切りますが、ブラウザなのでどちらにせよホワイトリストに入れるわけにもいかず、実はスプリットトンネリングいらない疑惑があったりなかったり。
          というわけで、私はどうしてもVPNを経由すると閲覧できない場合にしか使っておらず、ブラウザ以外のアプリで困るのは日本のサーバーでしたいゲームユーザーくらいだと思われます。
          ちなみに、NordVPNのAndroid最新版にはホワイトリストが結構前から付いているのですが、パソコンには全然来ていません……。

          • 匿名 より:

            ありがとうございます。記事中のsurfsharkにある3はスプリットトンネリングというのですね。どうしてもマイナンバーは抵抗感があったのでお聞きした次第です。時間が経てば慣れていくものとする事にします。
            巣篭もり重要でzoomのようなセキュリティニュースが多くなっている様な気がします。言い方は悪いですが、この騒ぎに便乗して自身のサイトをもっとアピールしても良いのでは?またはbraveを採用するとか。その事で嫌悪する人はいないと思います。
            色々書きましたが今後の記事も楽しみにしています。変な位置でコメントをしてしまい申し訳ありませんでした。それでは。

            • ぷっぷぷっぷ より:

              ほんとだ変な位置だ( Ꙭ)
              ※基本的に管理画面からコメントしてるのでまったく気づきませんでした 笑

              この騒ぎに便乗して自身のサイトをもっとアピールしても良いのでは?

              なんか私のサイト謎に検索上位でSEO強いっぽいし、すっごい期待されてる気がするけどトレンド系は忙しくなっちゃうからどうしても手が止まります(´ε`;)
              もう3人くらいにZoomの件やってって言われてるんですけど、鬼の形相で私はマイペースを貫くので大分後回しかな……。
              ちなみに、Zoom代用は世間的にMicrosoft Teams、オープンソースJitsi(エンドツーエンドは今準備中っぽい)ならだそうです。
              でも、もし私が社長だったら、オープンソースのJitsiではなくTeamsを使わせますけどね。
              だって何かあったらjitsiだと構築した自社のせい、TeamsはMicrosoftのせいにできるもん(かなり重要:社員同士ならjitsi、外部だとTeams利用にわけるかも)。
              ※要するにどっちも良いもの
              追記:Zoom代替記事ちょっと頑張ってみようと思います。今やってるKasperskyの記事終わったらですが……。

              あとはBraveも当分先ですね……。Firefoxを使ってBraveを使わない方用の記事は企んでいますし、BATの関係でそのうちやるはずです!
              そのうち(゚~゚o) 便利な言葉だなー

  3. 匿名 より:

    なるほど、色々新たな情報をされました、ありがとうございます。

    なるほど、NordVPNは前からそういう会社なのですね…売り方としてはうさんくさいですが、サービスの質もサーバー数もトップレベルなので安心です。もしお金が無限に使えると考えるとしてもNordVPNがいいような気がします。

    たしかに中国発というのは早とちりしました。しかし中国はVPN規制が激しいのにもかかわらず、対応言語が「日本語、英語、中国語」というのがとても怪しく感じましたし、無料でこうこくもないので怪しさは感じます。収入源を確認するというのは新しい気づきを得ました、ありがとうございますPeotonVPNを前使ったのですが、無料期間もありますしよさそうですね。はい、ネコを知人が使ってたら言ってあげてください(笑)

    • ぷっぷぷっぷ より:

      NordVPNはほんと王者なのに未だに胡散臭いことするの謎……

      Protonは現在もフリープランが存在するので、当サイト的……というよりこの記事的にはFree Wi-Fi程度の利用者にはProtonVPNをオススメしています∩(・∀・∩
      ネコがヤバいというより「収入源が想定できないのがヤバい」という感じなので、今後スマホのVPNアプリなる記事を作成する際は、結局は脱落する方向にするんですけどね!
      今回の件で無料VPNの宣伝の仕方が弱いことが判明し、いろいろありがとうございました!

  4. ぷっぷぷっぷ より:

    NordVPN設定記事の方で気づけない不正アクセスをされている気がする?と書いたのですが、それが原因かどうかもちょっとわかっていません(゚~゚o)
    問い合わせしてみます。
    一応言っておくと、無料でアカウントをもらった「事になっている」とはいえ「元の所持者がいるのに勝手にアカウントを使った場合はアカウント不正アクセス」にしか見えず、言い逃れできない気がするのでかなりヤバい痕跡が残っているように見えます。
    ※このケースは元のアカウント所持者がいた場合の話であり、想定です。

    • ぷっぷぷっぷ より:

      なんだか、11月のつい最近にクレデンシャルスタッフィング(サービス側は何も悪くない、迷惑きわまりないパスワードリスト型攻撃のこと)でNordVPNのパスワードが公開されたと書いてある記事を発見しました。
      参考NordVPN users’ passwords exposed in mass credential-stuffing attacks | Ars Technica
      参考NordVPN user accounts compromised and passwords exposed, report says – CNET

      タイムリーすぎるので、やめといて正解のようです(´ε`;)

      • ぷっぷぷっぷ より:

        どんどんアカウントハック産っぽくなる……
        ※問い合わせ済み。
        なんか私も怖い(゚´Д`゚)゚。

        • ぷっぷぷっぷ より:

          警察拒否したら私が怒られちゃうよ!( Ꙭ)
          あと、「謝るならNodVPN」だと思います。
          これ以上は私には何も言えません(゚~゚o)

          あと、問い合わせ結果が速攻きたので日本語訳すると……
          「アカウントがどのように共有されているか正確にはわかりませんが、NordVPNには共有するアカウントはありません。とりあえず、NordVPNは実質30日間無料トライアルで試せますよー」だそうです。
          アカウントハック産は確定していませんが、その認識の方向で追記していきます。

  5. 匿名 より:

    家にあるPCにリモート接続(RDPかVNC)をセキュアに行う目的でVPNを探しています。
    こちらで紹介されてる3社のサービスは同一アカウントでログインしているPCを同一LAN内として扱う(ネット越しに同一LAN内のように接続できる、可能なら容易にルータ超えできると尚良)ような(元々の?)VPN網としての機能は提供されているのでしょうか?

    もしこちらの記事での紹介プラン以外でもご存知でしたら教えていただけると幸いです。
    (革命などの予定はありませんので軍事レベルより多少下がっても問題ありません)

    • ぷっぷぷっぷ より:

      oh……( Ꙭ)

      こちらで紹介されてる3社のサービスは同一アカウントでログインしているPCを同一LAN内として扱う(ネット越しに同一LAN内のように接続できる、可能なら容易にルータ超えできると尚良)ような(元々の?)VPN網としての機能は提供されているのでしょうか?

      すみません、何もわかりませんでした……。同一LANやVPN網といった使い方を全くしておらず、私自身通信を暗号化するだけの目的程度でしか使っていないためです。
      一応RDP(リモートデスクトップ)なるものを調べた結果、

      なんだか、どこもVPNの方がセキュリティが高く、RDPと併用するのが一番いい的な結論を言っている以上のことはわかりませんでした。

      軍事レベルを気にしないということであれば、asusだかの台湾製ルーターに大体VPNが付いているので、それを利用すればなんかできそうですが、現状何もしていないので何ができるかも知らず、存在しか知りません(゚~゚o)
      お役に立てずごめんなさい。

      • 匿名 より:

        返答ありがとうございます。
        自力でVPNを作る場合のルータ超えとか諸々がうまく理解しきれなかったためこれらのVPNが使えないかと思ったのですが、専門外なら仕方がないです。
        無料のPeotonVPN辺りで該当機能使えないかまずは試してみることにしますm(_ _)m

  6. 匿名 より:

    nodeとsurfsharkが今、安いので検討しています。

    VPNを使うと、自分が選んだサーバーの国の
    IPアドレスになるという事でしょうか?

    自分のデバイスがどこにいようと、
    選んだサーバーがドイツであれば、
    誰かが調べてもIPアドレスは、ドイツになるのでしょうか?
    現在地を隠せるのでしょうか?

    という事は、フェイスブックなどで
    blogを書いたら、勝手に最後に現在地の都市がでますが、
    選んだサーバーの国がドイツであれば、
    それもドイツになりますか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      コメントの返信が遅くてごめんなさい。

      VPNを使うと、自分が選んだサーバーの国の
      IPアドレスになるという事でしょうか?

      そうです!
      フェイスブックの仕様はちょっとわかりませんが、現在地はその選んだ国になります。
      たまーにその国なのに他国の広告が流れたり、IP検索とかだとちゃんとドイツなのに、ショッピングサイトや購入時になぜか他の言語になったりNordVPNではよくあることなのですが、そんなことも起こります。
      その場合はNordはサーバーの数おばけなので、問題のなさそうなサーバーをお気に入りに登録し、使うといいです。
      どちらにせよ、間にNordVPNのサーバーを経由しているため、実際に表示されるIPアドレスはサーバーのIPになる=自分の場所ではありません。
      サーフシャークはサーバーを選べなかったはずなので、何回かシャッフルする形になるはず!

  7. もふ より:

    いつもお世話になってます!

    VPNってことでsoftetherは使われてますか?

    使われいたら詳細設定の記事など作って欲しいです!

    自分は一応自分で設定して使ってはいるんですが、なにぶん設定できる項目が多くて…

    • ぷっぷぷっぷ より:

      知らなかったので公式サイトを見たのですが、文字が多すぎて秒で閉じました(゚~゚o)

      _人人人人_
      > 否決 <
       ̄Y^Y^Y^Y^ ̄

      • ぷっぷぷっぷ より:

        えーとよく調べていないのですが、これって誰か個人のパソコンを経由する系のものですか?

        • もふ より:

          コメントありがとうございます!

          自分で(自宅とかにある)自分のパソコンにVPNサーバーを立てるってやつですね

          自分で立てたVPNサーバーに接続するんで、このサイトで紹介されているような一般的なVPNとは趣旨がちょっと違いますかね

          • ぷっぷぷっぷ より:

            なんかGateと勘違いしちゃったけど(正式にはVPNクライアント?クライアントって何……)、やっぱり専門知識が爆発していて、ちょっとわかんなーい(゚´Д`゚)゚。
            やるとしても時の彼方すぎるので、やっぱり否決です!
            これわかりづらいから、確かにどこやればいいのか知りたいですね……

            _人人人人人人_
            > でも否決 <
             ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

            • もふ より:

              そう、わかりにくいんですよねー

              めっちゃ高機能なんですが…

              m(_ _)m

              • ぷっぷぷっぷ より:

                でも記憶に残ったので、使うべきタイミングの時に試してみると思います。
                否決で申し訳ありませんでした(´ε`;)

                • もふ より:

                  HTTPS上でVPNを走らせられるので規制が厳しいwifiとか、
                  自分でVPNサーバーを建てられるので、特にセキュリティを気にするときとか、自宅のlanに接続したいときとか、海外から日本にアクセスするときとかに便利ですよ!

                  今後もこのサイト応援してます!

                  • ぷっぷぷっぷ より:

                    応援ありがとうございます!



                    このサイト、応援される数多いなーーー( Ꙭ)

  8. じゅごん より:

    はじめまして。VPNについて調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。

    VPNについてお詳しいと存じますので、初歩的な質問をお許しください。

    VPNを使えば、ブラウザだけでなく、パソコン上にある他のアプリからの通信も全て(そのパソコンからのインターネット通信全て)が暗号化されると考えてよろしいのでしょうか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      私の場合VPNに接続していないとインターネットに接続できない(NordVPNの設定)=すべての通信はVPN経由だから暗号化されているという認識ですが、そう言われると不安になるー(゚~゚o)

      So-netのVPNの説明がまさにそれだったので、じゅごんさんの認識でOKです!
      参考「フリーWi-Fi」は危険がいっぱい! 安全に使うには(2)|セキュリティ通信 :全て暗号化する「VPN」を使う
      の部分
      そのせいでVPNを通すとおかしくなるアプリがソコソコあるらしく、スプリットトンネリングというVPNを経由したくないホワイトリスト機能を用意していたりもします。
      NordVPNはようやくAndroid最新版の方に上記機能を追加しましたが、iOS版は持っていないのであるかどうかわからず、Windows版は現在もない部分がNordのわかりやすい弱点ですね。

      • じゅごん より:

        ぷっぷ様

        丁寧なお返事をありがとうございます。おかげ様で、安心してVPNを使えます。

        また、リンクを貼りつけてくださったSo-netのページも分かりやすかったです。

        本当にありがとうございました。

  9. みーも より:

    ぷっぷ様

    こんにちは。初めまして。

    突然ですが、ひとつ質問をさせてください。

    某光コラボのインターネット回線(ソフトバンク光、など)を契約しようかなと思っていまして、その中でも回線の速度アップに効果があるといわれている、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6方式」のインターネットプロバイダーにしようと思っています。
    ExpressVpnやNordVpnのサービスは、上記のような接続方式にも対応しているものなのでしょか。

    もしご存じであれば教えていただけないでしょうか。

    ちなみに、もし差し支えなければで良いのですが、ぷっぷ様は上記のようなIPv6に対応したプロバイダをご利用してますでしょうか。

    • ぷっぷぷっぷ より:

      私もIPv6なのでここに書いてあるものはすべて普通に使えます∩(・∀・∩
      と言いたかったのですが、一時期IPv6が繋がりづらく(VPN経由じゃなくて普通のネットサーフィンが)その期間IPv6を無効化して4でテストしてたかもしれないので、どれを6で実験したのかNordVPN以外よくわかりません。
      ちなみに、IPv6でもVPNサーバーを通るとそのサーバーのIPv4にどこもなる仕様だと思います。
      というわけで、対応というよりIPv6を流出させないためにブロックするところを選ぶのが現時点で有効っぽいですね。
      参考NordVPN Implemented IPv6 Leak Protection | NordVPN(IPv6を使っていてもサーバーで暗号化されるから元のIPは流出しない的な話)
      ExpressVPNはおそらくIPv6が漏れないようブロックしているという記事を何個か見つけましたが、ExpressVPN自体にはそのような情報が見つかりませんでした(IPv6を無効化するというのはあった)。
      そうなってくると、IPv6による速度向上は何も受けられないのかな?(IPv4になってるし)
      私は特に気にしていませんが、さきほどIPv6を無効化したところNordVPNで速度減退は何も起きなかったので参考にしてください。
      IPv6の優先順位や無効化する方法は以下。無効化ではなく優先順位変更が先かな。
      参照「IPv6無効設定」はもう古い?IPv6を有効にしたままIPv4の優先順位を上げる設定 – ぼくんちのTV 別館
      VPNサーバーを通ったのにも関わらず、IPv6が流出(リーク)されているかは以下で確認。
      IP/DNS Detect – What is your IP, what is your DNS, what informations you send to websites.
      ※VPNのIPv4が表示されつつ、IPv6 test not reachable.(IPv6に到達できません)になっていればOK。VPNを使わずに上記にアクセスすると、IPv6が表示される。
      もしVPNを使っているのにIPv6が見えている場合は返金して別のVPNにしたほうがいいと思います。

  10. 匿名 より:

    CyberGhostすっごい気になるんですけど今度記事書いてくれませんか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      (゚~゚o)ウゥーン 無いかな……
      Crossriderの件を調べるのが面倒なのでいまのところなし。
      Nordの二番煎じに見えるのも比較としてはバッサリ切りたいという事情もあります(できるだけ選択肢を無くしたいし(初心者が何も考えずにセキュリティ向上の恩恵を受けられる目的)、値段もそんな高いものでもないというのもある)。
      一応、次追加する予定は現時点でアフィリエイトがないMullvadですね。
      Protonもないけど( Ꙭ)

  11. 匿名 より:

    ProtonVPNと検索するとここが上に出てきます。

    そんな事はどうでもよいのですが、
    IPv6のプロバイダに入りました。
    そうしたら、ProtonはIPv6で使えますが、cyberghostを使おうと思ったら、IPv6のサイトがcyberghostで見れないらしくgoogleのサイトも見れません。

    そこで質問なのですが、Nordや他のVPNはIPv6で使えますか?

    1日だけ無料。クレジットカードなどの登録も不要。
    https://www.cyberghostvpn.com/ja_JP/vpn-free-trial

    • 匿名 より:

      上のコメントで「nord等はipv6で使える」と書いてありました、すみません。

      • ぷっぷぷっぷ より:

        自己解決ありがとうございます(*゚▽゚)
        また、NordVPNは使えますが、その他は実際に使えたかどうかを覚えていません(´ε`;)
        ただ、近年IPv6ユーザーはかなり増えて一般的となっているため、まったくそれが理由で使えないという話をコメント欄で聞かない&各VPNのヘルプ情報のことを考えると、ほぼ間違いなく普通に使えると思われます。
        ※この記事にIPv6の対応や無効方法を追記しました。

  12. 匿名 より:

    たぶん、cyberghostは、ipv6+ipoeの環境ではfirefoxのロケーションバー(だったと思った、上のURLを入れるところ)にgoogle.comとか入れてもgoogleのサイトに行かないと思います。
    暇な人は、1日無料なので試してみてください。

    そういうことでcyberghostは使いません。

    実際、protonVPNの有料版を使用していますので、Nordもいずれ買うかもしれないと思って買わずにそのままにしています。
    Protonはipv6はブロックしていましたが、別にv6に拘っているわけではありませんので気にしていません。

    またよろしくお願いします。

  13. kdr-s より:

    VPN を通過した時の IP アドレスは毎回同じですか?
    サーバを変えればIPアドレスも変わるのは分かりますが、同じサーバを指定していれば同じIPアドレスを使い続けれるのでしょうか
    やりたいことは、IPアドレスのホワイトリストを作ってセキュアにログインなどしたい、という感じです(プロバイダ提供のIPアドレスは変わってしまうので)

    • ぷっぷぷっぷ より:

      あれ、この裏技っぽい最強のログイン制限している人結構いるの?(゚Д゚;)
      私もNordVPNでしていますが、Nordではできます。
      その他のVPNは当時この方法に気づいていなかったため、未調査です。
      ちょうど今ExpressVPNのコメント欄に同じ方法をExpressVPNで試したい方がいらっしゃり、さらに現在利用中のユーザーさんに聞いてみたところ結果を頂いたので引用。

      >Kさんのための質問>ExpressVPNはサーバーを選べますか?
      選べます。

      >選べた場合、そのサーバーに接続している限りIPアドレスは固定されますか?
      難しいようです。いくつかのサーバーを調べた所、再接続するたびに、***.***.***.***のうち最後の***のみが動的でした。
      全てを調べた訳ではないのでもしかしたら固定されているサーバーもあるのかもしれませんが、固定されている所が今後もずっと固定かどうかは私にも分かりません。

      引用NDAさんのコメント
      サーバーは選べるようですが、NordVPNみたいにサーバー番号を選べるタイプではないっぽいです。
      NordVPNは国とサーバー番号を選択し、そのサーバーを選択している限りIPアドレスが変更されないので(メンテナンスで定期的にサーバー番号は変わるため、ロックダウンされないように注意)、共有IPでIPアドレスホワイトリストログインのパーフェクト追っ払いバリアは使えます。
      もしExpressが上記のようにIPアドレスの後半が変わってしまうのでしたら、ワイルドカードを使えるのかどうか知りませんが、その方法でなら一応できるかもしれません。
      当然ホワイトリストに登録されるIPアドレスは増えちゃうので多少のリスクはありますが、何もしない時より遥かにやりすぎセキュリティなので、できるのであれば全然アリです。
      やっていない人は「世界のIPアドレスを許可」しているわけですしね∩(・∀・∩

      【やろうとしている第三者さんへ】本物の固定IPを使っていない以上、そのサーバーはどこのサービスも急遽使えなくなる可能性がありますし、IPアドレスが変更される可能性もあります。そうなるとIP制限をかけたせいで自分がログインできなくなるため、もう一つのログイン手段を自分で考えて確保してください。じゃないと、パスワード管理ソフトが漏洩した時のように、悶絶します。
  14. アトさん より:

    セキュリティ軽視と言ったらちょっと語弊がありますが海外ゲームプレイ専用な「ExitLags」というのも気になっております。ログ収集に関してはわからず・・

    安全性であればNordVPNかなと思うのですが、
    > スプリットトンネリングというVPNを経由したくないホワイトリスト機能が、NordVPNのWindows版は現在もない部分がNordのわかりやすい弱点

    とのことですが、NordVPNは使う必要が無いときはOFFにして通常の接続で使い、必要なときのみONにするという使い方はできるでしょうか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      ゲーム専用のあるんですね( Ꙭ)
      プライバシーポリシーの4に

      Data sent by you will be holded and store at our database for unlimited time, in case they are needed at a judicial action of any effect.

      お客様から送信されたデータは、法的措置により必要となった場合に備えて、無制限にデータベースに保管されます。

      とあるので、普通に「ゲーム特化・セキュリティは期待しない」系のサービスだと思われます。ノーログなどセキュリティ的な文言は何も書いていませんし、「他国から接続してもスピード重視」の運営方針なのかな。
      ※4の一部だけ抜き取ったので、ちゃんと4すべてを見ておいてください。この手法は印象操作でよく使われます。

      NordVPNは使う必要が無いときはOFFにして通常の接続で使い、必要なときのみONにするという使い方はできるでしょうか?

      できます!ですが、オフにすることでWindowsの通信など常駐ツールの通信はVPNじゃなくなってしまうので、不都合であればホワイトリスト付き、というかゲームするならExpressVPNの方がいいのでそちらを検討するといいかもしれません。
      なお、私がテストした際はPingはNordもExpressも同じくらいで、速度は他国にした場合のみExpress圧勝でした(その分高い)。

      ExitLagsがどのような技術でPingをどうにかしているのか知りませんが、ゲーム専用パソコンで「ExitLags」を使い、ゲーム以外何も入れない、ブラウザで個人情報を使う、見られて困るようなものを見なければ「ExitLags」を高セキュアに使えるかも?
      ※ゲームする際に個人情報が表示されるようなページが表示されるなら意味ないかも。
      余計なお世話かもしれませんが、PS5が控えているようです∩(・∀・∩

      • アトさん より:

        ぷっぷさんコメントありがとうございます!

        MMORPGってIP規制絶対にするので海外でのみサービスしているゲームをプレイしたい場合はVPNで潜入プレイになるんですよ。
        「ExitLag(ExitLagsではなかった)」はPing値が低めの高速性重視のゲーム用なのですが、やっりログ有りのようですねぇ・・・
        まぁ月払いだと700円ぐらいなのでそれなりのお値段で高めの方かと思います。

        ゲームならExpressVPNかぁ。30日間トライアルでお試しを検討しようと思います。
        ------------------------------
        ところでPS5の性能はビックリですよね。ハイスペックのゲーム用PCと遜色ないような感じで
        PS5 Unreal Engine 5 Tech Demo
        https://www.youtube.com/watch?v=d8B1LNrBpqc
        ここまでできるのか~という驚きです

        • ぷっぷぷっぷ より:

          月700円ってかなりお高めの方ですね。
          Expressと同じ価格帯って偶然なのかな(Expressはセレブ価格)、やっぱり速度関係の維持費って相当高いのでは( Ꙭ)
          ログ有りを使う際はもう色々と専用パソコンから準備しないと生理的に嫌なので、ボツかなー(゚~゚o)
          eスポーツ関連の方は実際のところ使わないと思うし(そもそも遅くなっちゃうから)。

          ところでPS5の性能はビックリですよね。

          PS5本当にやばー!岩の影やばー!
          これいくらになるんだろう。どうみても10万超えるんですけど、これが7万くらいで買えるとなると革命が起きそう。

  15. あんじぇ より:

    はじめまして。

    初歩的な質問で申し訳ありません。

    今回、ExpressやNordなどを検討しているのですが、各社がうたっている同時接続について教えてください。

    同時接続とは、例えば端末は10台持っていてその10台にVPN接続の設定はできるけど、同時に使用できるのは各社が言っている台数のみということでしょうか?

    それとも、設定自体が各社が言っている台数のみしかできないのでしょうか?

    今まさに通信を

    • ぷっぷぷっぷ より:

      あんじぇさんの認識通り、「同時接続」ではなく「インストールや設定して接続していないもの」は端末制限に引っかかりません∩(・∀・∩
      でもこれ公式に書いてないかも?
      どこのサービスも同時接続はこんな感じですね(動画ストリーミングサービス業界とかもまさにこんな仕様)

タイトルとURLをコピーしました