【SSS】活動情報を一切保存しないNordVPNの使い方

NordVPN VPN(暗号化通信)
75%割引の3年プラン出現中!

フリーWi-Fiや、不特定多数が使う暗号化された有料Wi-Fiを使用し、情報のやりとりをしたことはあるだろうか。

同じパスワードのWi-Fiは暗号化・有料ともに、脅威を避けきれていない。

仮にVPNを使っていても、「サービス会社側が活動情報(ログ)を保存していたとしたら?」VPN会社の評判や、仕様を調べずに使う代償は比較的重い。

今までは運が良いだけかもしれないが、これからも運が良いから大丈夫だろう。

利便性を追求するのはいいが、セキュリティを気にかけるべきだ。NordVPN(ノールブイピーエヌ)は評判が良く私も使用中なので、アカウント作成・支払い方法・ダウンロード・インストールをわかりやすく説明できる。

さらに、フィッシング詐欺・犯罪攻撃加担・広告ブロックのCyberSec機能もあって至れり尽くせりだ。

どちらかというとCyberSecの広告ブロック機能は、パソコン版よりスマホのChromeで重宝している。得体の知れない処理の重いブラウザを使わなくても良いのが嬉しく、全プラン6デバイスまで使えるぞ。

当サイトはインストールしたあとの設定記事も充実しているので、使用後は安心して良い。

NordVPNの「9ヶ月前に盛り上がったイチャモン」を教えないのはフェアではないため、時間があれば機能や魅力も確認しておくといい(当サイトの判断だと問題なし)。

アカウント作成・支払い

30日間返金保証があり、当サイトからNordVPNにアクセスすると、通常1ヶ月・1年・2年プランの他に特別な3年プランのクーポンコードが適用される。

ところが、この30日間返金保証は非常に不親切で、どこにあるかわからない。

「わからない=英文でのお問い合わせ」だと思われるので、日本の企業にもよくある解約しにくいシリーズの派生だと想像しよう。

せっかくのPRポイントだが、30日間返金保証は面倒だ。実は3日間お試しで使える方法があり、よくある質問(英語)の「Do you offer a free trial?(無料お試しを提供していますか?)」項目にこっそりリンクがあるぞ。

1ヶ月プランはとても高く、明らかに年プラン前提の価格となっているため「2年か3年プランがオススメ」だ。

料金プラン

さっそくアカウント作成と支払いをしていくが、時間制限は消えた後に回復するギャグなので無視推奨。

急がないと時間が回復しちゃう!

上記リンクから進むと公式ページにたどり着く。

NordVPNの「良かろうポイント」が述べられているので、一通り見たら「月額2.99ドルで入手」ボタンに進もう。

月額2.99ドルで入手をクリック

そうしたら、ステップ1の「プランを選択」→ステップ2と3は次の画像を参照。

Gmail(Gメール)の複数作れるメールアドレスは登録できなかったので、メインのメールアドレスを入れよう。

支払い方法選択
PayPalがあった頃の貴重な画像

PayPal(ペイパル)はイチャモンが原因で廃止になった。JCBはすんなり使えなくなったが、Vプリカ経由や、日本ではJCB加盟店で実はAMEXが使えるので、試してみる価値はあるかも?(使えるかは要生贄)

支払い方法に3種の仮想通貨があるが、支払い時に匿名なだけでその取引が会社(仮想通貨なら購入した取引所)に紐付いており、楽天バーチャルプリペイドカード・Vプリカなどのバーチャルカードとあまり変わりがない。
【悲報】「楽天バーチャルプリペイドカードカード」がNordVPNで使えない模様。
ぷっぷ
ぷっぷ

匿名で支払わなくても、活動情報(ログ)を保存していないので結局誰かわからないよ!

3年は確実、2年プランは為替次第でほぼ1万円を越えるため、クレジットカードを使用しないプリペイドカードに1万円以上がない・チャージ不可なので購入できない。その場合はコンビニからチャージできるKyashといったものが存在するぞ。

パスワードをどこで登録するか忘れてしまったが、「登録したメールアドレス宛に案内」がくるか、「支払い後に貰える」と思われるので確認だ。

確か3時間ほどで破られる8桁のランダムパスワードを付与されるはずなので、付与されたタイミングで変更するか、VPNを使えるようにした状態になってから変更するといいだろう。

まったく違ったらコメント欄に苦情を残そう。

ダウンロード

ダウンロードページへ飛ぶと、様々な端末(デバイス)のダウンロードができる。

アカウント画面でもダウンロード可能。

ここではWindows用で進めていく。

ダウンロードページ

ダウンロードしたもの(NordVPNSetup)を開こう。

セットアップ実行ファイル

恐怖心を煽る画面が出てくるので「はい」をクリック。

UACがでるので許可

インストール

「Install(インストール)」をクリック。クリック後はちょっと待たされる。

インストール

インストールが終了すると、アカウント情報入力画面が出現する。

この状態になってもパスワードを作成していないなら「忘れたことにして」、パスワード再設定手続きに進む小ワザで作成してみよう。
アカウント情報を入力する
ログインをしても接続できない状態になったら、「パソコンを再起動」するか、「1度ログアウトし、再度ログイン」をしてみよう。私は後者の方で直った。

CyberSecを有効化する?

初ログインは「CyberSecを有効にしますか?」と聞かれる。

CyberSec有効化する?

この機能はフィッシング詐欺・犯罪攻撃加担・広告をブロックする機能で、使うとセキュリティは向上する。

しかも、サーバーの方でやってくれる処理という利点があり、遅くなる実感は感じられない。

だが、アンチウィルスソフトや広告ブロック拡張機能と被っているし、広告ブロックなんかはどちらかといえばおまけかつ専門の方が高機能なので、使用するかは自身の判断に任せる。

広告ブロック系は表示がおかしくなることもあるので、「表示系のバグ」が発生したらCyberSecを思い出して疑い、無効化してみよう。

パソコンよりAndroid・iOS向けの強力な機能で、聞いたことのないブラウザを使わずに広告ブロックを使えるのが魅力だ。全プラン6デバイスまで使えるので、パソコンで作ったアカウントをスマホでも使ってみよう。

CyberSecの無効化

「Settings(設定)」の「Cybersec」をOffにしよう。

CyberSecを無効にする

接続設定

電源マークを押すだけだ。

接続ボタンを押す

起動時に自動で接続してほしいなら、電源マークの左にある①「Settings(設定)」→②「Auto connect(自動接続)」をOn→③「Select(選択)」。

自動接続

「Select(選択)」をクリックすると、国とサーバーの場所を選べる。

当たりサーバーを探すのは準備があるので、今は「J」から始まるJapan(日本)を探そう。

自動接続のサーバー・国選択

メインの当たりサーバーが準備できたら、上記画像のサーバー毎から選択だ。

サーバーによる通信速度の当たりとハズレ

当たりサーバーとは、「露骨に速いサーバー」のことで、速くなるという意味ではない。
現在は「Fastest(最速)」という項目が誕生し、ほぼ速いサーバーが選択される。それでもPingハズレサーバーがたまにあるため、お気に入り選別はしよう。不満を感じてから探せば良い気もするので、面倒なら設定をしようまで飛ばそう。

私の環境だと倍以上違ったので、通信速度に不満があるなら試してほしい。

全員がそうとは限らないと思うが、通信速度(スピード)が出るところと出ないところがあるので、ある程度の見分ける手順を紹介する。

  1. 大人気の混んでいるサーバーに接続
  2. その後に遅いと思われるサーバーと、速いかもしれないサーバーの通信速度をスピードテストで比べる

上記の手順で選別し、次の画像のように進めていこう。

①「All countries(すべての国々)」→②「Japan」の「・・・」→③Server(サーバー)の「プルダウン」→④混んでいる%の多いサーバーを3つ「お気に入り登録」→⑤100%ではないサーバーを「選択」→⑥「接続」。

国とサーバーを選ぶ
「Fastest(最速)」で接続しても、接続中のサーバーをお気に入りに登録できる項目がない。このため、「Fastest」を使って選別はできないが、どうやら遅かったサーバーが消えており、表示されているサーバーそのものが「Fastest」の模様。

100%は入場できないのでお気に入り登録だけしておき、時間帯を変更して再度入場を試してみよう。

とりあえず、混んでいるところから接続していくだけだ。

混んでいれば混んでいるほど、利用者が通信速度の出るサーバーだとわかっていて接続していることから、この選別は成り立つ。

スピードテストなら、サーバーの名前とIPが表示されつつ「GO」を押すだけのこちらのサイトが便利かつ有名。

参考スピードテスト(Ookla)

ぷっぷ
ぷっぷ

当サイトは通信速度を公開すると、住んでいる家タイプが推測できちゃうと悟ったので秘密だよ。

登録したお気に入りは、トップ画面の左側「My Favourites(私のお気に入り)」に追加される。

お気に入り項目が増える

当たりサーバーの選別を終えたら

起動時に当たりサーバーで入場する設定が便利だ。

やり方は「接続設定(迷ったら目次参照)」で紹介した日本全体から、当たりサーバー1つに絞ろう。このとき、当たりサーバー番号を記憶しないと忘れてしまうので注意。

起動時に選択するサーバーは1つしか選択できないので、タイミングが悪いと混み具合100%になっていることがあるかもしれない。

この場合は自分の活動時間帯と相性の良いサーバーにするか、一時的に別のサーバー(お気に入りが活躍)にするか悩もう。

設定をしよう

このままだとほとんど初期設定だ。

通信などは安全だが、誤操作による生IP(VPNサーバーに接続する前の本当のIPアドレス)を流出させないような機能が豊富なので、是非設定しよう。

私の設定を真似するだけなら、10分もかからない。

コメント

  1. 匿名 より:

    vpngateのように通信速度が可視化されていると良いのですが、
    手探りなのが手間。

  2. ぷっぷ ぷっぷ より:

    ほんとそう!(゜o゜;
    一番は「可視化しなくてもいいから、全部速くして!」ですよね。
    ExpressVPNが結構高めなところを見ると、速度関係の設備投資は高いのかなー(゚~゚o)

    私の使用している当たりサーバーを公開すると私に迷惑がかかっちゃうし、猛烈なジレンマ!

  3. 匿名 より:

    NordVPNを使ってみたいと思っています。
    2年プランですと1万円以上かかりますが、Vプリカギフトを利用する場合は5000円と3000円しかありませんが、どのように支払いしていくのでしょうか?

    • ぷっぷ ぷっぷ より:

      ほ、本当だ……(゜o゜;
      Vプリカギフトは3,000と5,000円(コンビニ端末なら1万まで可能)、バニラVisaの1万円だったとしても日本円は10,700円くらいなので、微妙に足りないのですね(゚~゚o)
      となると、コンビニで購入できる使い捨てチャージ不可プリペイドカードで「2年プランは購入できない罠」が発生してしまっていました。
      これは訂正案件なのであとで修正させていただきます。

      この場合、コンビニで購入不可のギフトじゃない「Vプリカ」か楽天バーチャルプリペイドカードで1万円と千円を合算させて11,000円にする必要があるので、クレジットカード必須になってしまう残念な結果が待ち受けちゃうかも。
      参考オススメのバーチャルカード

      う~んPayPalもクレジットカードが結局必要だし、仮想通貨は最初から始めるのに手間がかかりそうだし、今すぐにできる方法は未調査のバンドルカード、またはKyashを使うしかないかもしれません。

      他のプリペイドカード同様使えるかは保証できませんが、(VISAとは書いてあるので普通にOKのはず)この方法でクレジットカードなし購入はできるかもしれません!
      詳しい仕様は確認していないけども、コンビニ・銀行・スマホ支払い?などに対応しているサービスのようです(要確認)。
      こんなアプリが存在していたなんて!

  4. 匿名 より:

    ぷっぷ様

    Vプリカギフトは2年プランに向いてないんですね。
    教えていただいたバンドルカードとKyashを調べてみます。
    これらが使えそうならどちらかで支払ってみたいと思います。
    どうもありがとうございました^^

    • ぷっぷ ぷっぷ より:

      私もこの2つを調べてそれなりにセキュリティ向上として使えるようなら、記事にできるか頑張るバルバル!

  5. 匿名 より:

    ぷっぷ様

    先日質問させていただいたものです。
    あれからNordVPNを使うために
    【S】偽名で使える楽天バーチャルプリペイドカード購入方法
    こちらのサイトを参考させていただき、楽天バーチャルプリペイドカードを購入しました。
    そのクレジットで支払いをしようとしているのですが、
    『何らかの問題が発生しました。その原因は情報の入力ミス、処理ネットワークの問題または支払い制限超過などが考えられます。』と表示されてうまくいきません。
    メールは捨てメアド【メルアドぽいぽい】こちらのものを使っています。
    郵便番号はどこのことなのでしょうか?(楽天カードの本社の郵便番号を入れてみましたがダメでした)
    他は記載のミスはないはずなので、メールか郵便番号でつまずいてると思っていますが…
    すみません、よろしければ解決方法をご教授ください。

    • ぷっぷ ぷっぷ より:

      あれー?(゚~゚o)ウゥーン
      郵便番号入力欄なんて昔あったかな……

      考えられる原因は、

      • まさかの楽天バーチャルカード非対応
      • チャージ残高不足
      • 捨てアドレス非対応
      • カード情報入力不備

      だと思われます。
      郵便番号はおそらくエラーと関係がなく、「自宅の」とは一言も書いていないのでお馴染み皇居でOKです。
      カード情報不備も匿名さんは何度も見直したようなので無視して大丈夫ですが、バーチャルカードと同名の偽名にするのはアリかもしれません(おそらく関係なし)。
      チャージ残高は奇跡的に購入時円安になってしまうと足りなくなるかもしれませんが、確率としてはほとんどないのでこちらも無視。

      残るは楽天バーチャルカード紹介記事リンクを置いておきながら実は非対応でしたという最悪の結果か、捨てアドレス非対応となります。
      捨てアドレス非対応サービスはTwitterなど大手サービスがわりと導入していて、NordVPNはGメールのエイリアスが使えないようになっているので、何らかの非対応条件を設定しているかもしれません。
      なので、同じように「メルアドポイポイ」サービスのメアドを拒否されている可能性が私の中では高いかな~と思っています。

      メルアドポイポイいわく、新しいドメイン(Gメールならgmail.comの部分)を使うと新しいのでブラックリストに入れられていなく、使える可能性が高いらしいので一度試してみてください。
      (NEW!)と書かれたメアドが比較的新しいようですが、調べてみたかぎりどれくらい新鮮なのかは書かれていませんでしたので、「実は1年前のメアドでした!」なんてこともあるかもしれないので注意。
      何度やっても弾かれてしまうなら、普通のGメールにするのはアリです。
      それでもダメだった場合は楽天バーチャルカードが濃厚となり、ほぼ詰みです……(゜o゜;

      一応楽天バーチャルプリペイドカードをPayPalに入れて使う方法を想定できますが、試していないのでこちらもわかりません。
      どうしても無理な場合はAmazonギフト券にしてほぼお金に変換することができるので、無駄な買い物が増えてしまいますが奥の手での延命手段だけは覚えておいてください。

    • 匿名 より:

      ぷっぷ様

      とてもわかりやすく教えていただきありがとうございます。
      あれからいろいろ試しました。
      結局普通のGメールでも登録できなかったため
      もしかしたら楽天バーチャルプリペイドカードだから拒否されているかもしれません。

      結局PayPalで決済することにしたらうまくいきました。
      (ちなみにメルアドぽいぽいで登録できました)

      楽天バーチャルプリペイドカードはAmazonギフト券にしたいと思います。
      それではどうもありがとうございました!

      • ぷっぷ ぷっぷ より:

        おっとー!(゜o゜;
        これは楽天バーチャルカードが使用できないって追記せざるを得ませんね……

        なんだかPayPalまで作成させてしまった感じで本当に手間を取らせてしまいすみません(´・ω・`)

        よくよく考えると、Amazonギフト券はクレジットカードを一度バーチャルプリペイドカードに変更して、使い切ってから元のクレジットカードに戻す使い方でもいいので、
        Amazonギフト券にする必要はなかったかもしれません(期限10年になるけど!)
        あれ、端数は結局ギフト券なのかな……(゚~゚o)ウゥーン 細かすぎるから無視しよー。

        こちらの方こそありがとうございました!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*パァァァァ

  6. ひでまん より:

    ダブルVPN(2重暗号化)の機能が無くなっているようなのですが、
    使用方法が有りましたら教えてください!
    よろしくお願い致します。

    • ぷっぷ ぷっぷ より:

      ダブルVPNの場所
      NordVPNデスクトップアプリ左のお気に入りの下にある、Speciality Server(専用サーバー)の「Double VPN」がダブルVPNです!

      デザインが変わってしまってわかりにくくなりましたが、画像を参考にして探してください(*´ω`*)
      通常はDouble VPNをクリックするだけで最適なサーバーに接続してくれますが、
      接続してくれない場合は画像のようにSweden(スウェーデン) → Netherlands(オランダ)とすると接続できたりします。
      片方のサーバーが不調だと繋がらないのかも?

  7. 匿名 より:

    VPN等の知識が全くないまま昨日nordvpnを導入したのですが、サーバーによって特定のサイトが繋がらない、Chromeの拡張機能をオンにしていると繋がらない等が発生しています。
    これってサーバーとサイトの相性なんですかね?

    • ぷっぷ ぷっぷ より:

      多分、そのサイトからブロックされてます!
      おそらく、過去そのサーバーのIP、またはプロキシを使い悪いことをした人がいて、そのサイト運営者がどこのサービスのIPかを調べずに(そもそもVPNを知らない)IPを弾くとそうなります(゚~゚o)
      この場合は、こちら側で別のサーバーを探さなければならないので、スピードが早くてもそのサーバーをお気に入りにしないほうがいいです!
      あと、Chrome拡張機能は私の環境でも調子が悪いので(私はスパスパ切断される)、調子が悪い=使わないとスッパリ諦めたほうがいいかも~。

      あ~でも、画像読み込まれにくいサーバーとかあったので、それは相性かもしれません(´・ω・`)
      サーバーの数が多いのもNordVPNの特徴なので、諦めずにいろんなサーバーを使ってみてね!

      • 匿名 より:

        お返事ありがとうございます
        繋がらないとき、大体2パターンの表示がChromeから出るのですが両方とも過去の誰かさんのせいでブロックされているって事ですかね…
        辛い話です

        @@@.comのサーバーのipアドレスが見つかりませんでした
        DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN

        @@@.comからの応答時間が長すぎます
        ERR_CONNECTION_TIMED_OUT

        • ぷっぷ ぷっぷ より:

          その2つは過去の誰かさんじゃなさそう!

          「DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN」はDNSというやつの書き換えをVPNでおこなってて、そこと不一致なので、とりあえずブロックしておきましたーというようなエラーのようです。
          つまりNordVPNのDNS書き換えだかが悪さをしており、匿名の弊害なので防ぎようがないかも。
          一応、切り替えで直った場合はそれで正解です!

          次に「ERR_CONNECTION_TIMED_OUT」は絶対サーバーが悪いです(*´ω`*)(エラー名覚えてないけど……)

          NordVPNの変なサーバーは広告が海外になったり(日本なのに)、上記のタイムアウトみたいな現象は頻発するので、これは切り替えで大丈夫なはず! でも、そのサーバーなぜか選べなくなったんですよね(改善されてるっぽい)。
          ちょこちょこサーバー切り替えてるっぽいし、サーバーの数が順番通りにないのはそれが原因かも。

          ちなみに、運営者が弾いていた場合はほとんど「400番台」のエラーがでたり、日本人用に何らかのメッセージを残してくれています。この場合は悪い人を恨みましょう!

          やっぱり、結局は安心安全の代償かな(゚~゚o)

          • 匿名 より:

            またまたお返事ありがとうございます〜
            DNSの方は私が1.1.1.1に設定していたからかもしれないです…
            教えていただきありがとうございます
            サーバーの方は地道に探していくしかないですね…
            ご丁寧に教えていただきありがとうございました!

            • ぷっぷ ぷっぷ より:

              えー(;・∀・)
              私もそのうち1.1.1.1使おうと思ってたのに、ダメかもしれないのですね。
              ってあれ? Custom DNS(カスタムDNS)という設定が存在します……
              Add another DNS(別のDNSを追加)というのがあるので、そこに1.1.1.1を入れてONにすればすごくいけそう*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*パァァァァ

              _人人人人人人人_
              > 絶対コレだ <
               ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

              これは私のファインプレー!
              しかも、ご丁寧に24時間以内に返信して、私は偉いと思います。
              もしそれでDNSの問題を解決できたら、設定の方の記事に追記させてもらいますね(*´ω`*)