VPN経由でWebサイトが閲覧できない原因はIPアドレス制限疑惑

VPNで閲覧できないなぜ?VPN(暗号化通信)
この記事は約6分で読めます。

この記事は推測に基づき想定されているため、実際は不正解の可能性があることを了承願いたい。また、NordVPNのようにサーバーを選べるタイプでないと回避しづらい。

結論から言うと、サーバーを変更して閲覧したいWebサイトのブラックリスト(IPアドレス制限)を回避するしかない。

なぜこんなことが起こるのか、そして当たりサーバーを探して回避する方法を紹介する。

スポンサーリンク

悪意のある者がそのサーバーを使って悪いことをした?

やりすぎセキュリティでは匿名性の高い、活動ログを一切保持しないノーログポリシーのVPNサービスしか紹介したくない。

有名な筑波大学(VPN Gate)のものや日本のVPNサービスはだいたい活動ログを取っているからだ。

悪いことをしてもバレるよう施されているが、悪いことをしていなくても施されるということ。

そして、匿名性が高いというのは「正常な利用者・悪意のある利用者両方ともわからない」となっており、悪意のある者がそのサーバーを使って悪いことをした場合、サーバー運営からは普通に迷惑なため

  • ブラックリスト
  • 正常な利用者が同じサーバーを使う(同居して匿名性アップ)
  • 誰かのせいで自分も接続できない

というコンボを食らう。

なので、VPNサービスのサーバー数が多いことはIPアドレス変更が簡単で正義となっている。

個人のWebサイトは特に弾かれやすく、現在はNordVPNの日本サーバーほとんどで大人気レンタルサーバー登竜門のエックスサーバー利用個人サイトが閲覧できない(公式や公式ブログは問題なし)。

なぜ個人サイトがブロックされやすい?

これも推測だが、サービス提供側からすると広範囲(Webサイト独自ではなくレンタルサーバーまるごと)で守っていればトラブル対応も減り、レンタルする双方どちらも得だからだと思われる(例:「Dos・DDos対策を強化!」と宣伝もしやすい……というかしており魅力的)。

また、少数派のVPN利用者がブロックされても運営者からすればどうでもいいのが現実であり、この対応はどっからどう見ても合理的である。

ぷっぷ
ぷっぷ

それが匿名性の高いサービスを使うということだから、こればっかりは運に任せるしかないかも(゚~゚o)

というわけで、エックスサーバー側からしたら仕方のない対応であり、全てにおいて悪いのは悪意のある輩である。

割愛するが、エックスサーバーの件詳細はMr. Nobodyさんのコメントを参照。

このエックスサーバーは、本当に個人ブログの50%ほどが使っていると言っても間違いではないほど利用者が多く、王道サービスである(やりすぎセキュリティは違う)。

回避する際のサーバー選択時間短縮術

結論を言うと最初に自力で探すのは回避不可で、588サーバーが正常だった場合、587・589辺りのサーバーも正常である可能性が高い。

※ここではNordVPNでのサーバー選択を参考にして、探していく。

どうやらIPアドレスは以下のようなルールでできているらしい。

(192.168.100.15)の場合なら、「192.168.100」というネットワーク(グループ)の中の、15番目の端末(パソコンやスマホ等々)という意味になります。

15の部分は、「0番~255番」までの256個の番号を割り当てることができます。

引用:用語:サブネットマスクとは?01 | 無駄なお金と時間がない方・零細企業様・独立したい方・個人事業主の方・営業さん・経理さん・学生さん・就活生さん・小学生のお子様、中高生の子たちのための、「小さな会社の兼任なんちゃって社内SE・パソコン管理術・の基礎知識」

上記で言う「15」より前の数字は同じレンタルVPNサーバー会社の番号固定であることが多く、「15」の部分はサーバーの台数・番号であることが多い(というか確定?)。

ということは、前半3つの番号を固定で範囲ブロックされているから同じVPNサーバー会社がブロックされまくるのであって、逆に正常に接続できるサーバーとほとんど番号が変わらないものは接続できる可能性が高い=一度見つければ楽=当たりサーバー。

例:NordVPNだと588が正常に閲覧できるとして、587・589が同じサーバー会社を使っている癖があるので大体そこもブロックされていない。

NordVPNだと3つほど同じ会社のサーバーを連番でよく置くので、利用者は今後このような感じでお気に入りにしておくといい(お気に入りは廃止されているためメモ推奨)。

ただし、定期的にサーバーは引っ込んでどこかへ行き(メンテナンスなど)、私がサーバー番号を載せても実は他の方に表示されていないサーバーだったり、別のサーバーに入れ替わることもあるのでずっと同じサーバーは使えないし、サーバーが変わる=正常化の可能性もある。

ぷっぷ
ぷっぷ

そういえばスノーデンさん効果で香港サーバー人気なんだけど、周知されてるから香港関わっていると結構ブロックされやすいのもトレードオフ(゚~゚o)

また、IPはアドレスフィルターなるものを企業側が利用してしまうと、いとも簡単に巻き込まれるはず。

やりすぎセキュリティおすすめVPNサービスの挙動
  • NordVPN:サーバーを選べるため、数の暴力でブラックリストを回避することは可能
  • ExpressVPN:残念ながら選べないが、繋がらないという話はやりすぎセキュリティで皆無
  • Surfshark:こちらも選べるがNordVPNほど数が多いわけではない

これを機に他国経由にするのはアリ。

通常は香港、雲行きが怪しくなったらさらに他国へ移転(Eye参考)or粘り、香港からサーバーが撤退したらさよなら香港となるので(どっちみち香港がヤバい状態になったらVPN会社が撤退するはず?)、他国経由入門者は参考にするといい。

特定のサイトだけブロックされる場合

利用者の多いサーバー自体がブロックではなく、やりすぎセキュリティのような個人サイト側でもブロックはできるため、その程度であればそのWebサイト管理者に問い合わせるといいだろう。

ぷっぷ
ぷっぷ

このケースが一番多いよ!

この程度であれば以外と簡単にブロックを解除してくれるはずだ。

スポンサーリンク

臨機応変に対応するのが宿命

今回NordVPNの日本サーバーで結構な数巻き込まれているが、私の環境からすれば意外と簡単に回避できたのである程度環境によるようだ(他国経由含む)。

いまのところ繋がらない話を聞かないExpressVPNやSurfshark、サーバーを選んで回避したいならNordVPNかSurfsharkを選ぶといい。

コメント

  1. チノズ より:

    なんかみんな調子悪いのかな??

    この2か月くらい、NordVPN、デスクトップアプリのVer.6.32以降、接続できてもめっちゃ遅かったり、応答エラーになったり、使えない子になってしまいました。サポートとやり取りしても解決しないし、、、

    NordVPNずっとお世話になってたんで残念だし、契約あと一年くらい残ってるけど、ブラックフライデーでExpressVPNを契約してしまおうかと思っています。

    Protonも試したけどめっちゃ速度が遅い、けどなんか安心感がある、難しいな~

    • チノズ より:

      ごめんなさい、気のせいでしたw
      っていうかサポートの人が、3人目かな?解決してくれました!よかった~

      • ぷっぷぷっぷ より:

        気のせいなんですか( Ꙭ)
        私はたまーになる「再度ログインしてね」がほぼ毎日発生してちょっと面倒かも(Windowsへのログインが早すぎるとなるっぽい?けど、KeePassでログイン自動入力しているのであまり億劫ではない)。
        ※第三者さんへ:再インストールか自らログアウトすると直ったような直らなかったような……

        • チノズ より:

          そうですね、気のせいではないですねw

          自動接続の設定で “VPNプロトコルとサーバーを自動的に選ぶ” ってスイッチの下にUDP、TCPとか選ぶドロップダウンリストがあると思うんですが、それらがまるまるなかったんです。それに気が付かなかった。

          で、そこの項目のスイッチをオン、オフしたら、ドロップダウンリストが出現して、何事もなく繋がるようになりましたw

          UDP、TCPでも、P2P、doubleVPNとか他にもサーバーがありますけど、今はOnion以外は全部繋がります。

          前は何処の国のサーバーに接続しても一瞬で繋がって?ましたけど、今は最低でも数秒はかかります、で多分それが正しいのかな?と。プロトンのフリー版や、以前使っていたPIA?も接続に普通に時間がかかっていたので…。

          ソフト上で表示されてないから、プロトコルが設定できなかったけど、プロトコルが設定されてなかったから、ソフト上で表示されていなかった??

          インストールの時点でデフォルトで何か設定しといてよって感じで、なんか罠みたいw
          Redditで報告しようと思ったけど、カルマが足りなくて削除されてしまうので、困ってる人がいたら教えてあげたい

          けどまあ繋がってよかったです~

          • ぷっぷぷっぷ より:

            なるほど、そういうことだったのですね!
            英語だからわかりにくいですよね(どこをガチャガチャしていいのかわからない)。

            前は何処の国のサーバーに接続しても一瞬で繋がって?ましたけど、今は最低でも数秒はかかります、で多分それが正しいのかな?と。プロトンのフリー版や、以前使っていたPIA?も接続に普通に時間がかかっていたので…。

            接続が速いのはWireGuard(NordはNordLynxという名前)の効果なので、NordLynxにすれば早くなります!
            UDP・TCPはOpenVPNなのでだいぶ遅くなりますね。以前使っていたけど、今戻るとだいぶ遅い(´ε`;)
            NordLynxでもないのに接続が早かった場合は何もわかりません……。

タイトルとURLをコピーしました