【SSS】ExpressVPNの評判・魅力は?料金が高い理由

ExpressVPN VPN(暗号化通信)

世界最速と謳っておきながら、私の環境だと最速ではなかった

NordVPNユーザーとしては意味不明であり、使うに値しないと決定づける問題だったが……。

では何の魅力があるのか? 試した結果、日本サーバー以外は速く、日本サーバー経由だとNordVPNが有利で、海外経由にした途端ExpressVPNの圧勝かつ総合なら最速は本当のようだ。

つまり、海外経由はExpressVPN最強の可能性大。

セキュリティレベルと仕様

暗号化通信
  • 256bitのAES暗号化通信
  • VPNプロトコル:OpenVPN・IKEv2(iOSのみ)
  • データ保持法のない英領ヴァージン諸島が拠点のため、活動ログ・接続ログを記録しない
  • IPアドレスや接続場所を隠して匿名
  • 簡単速度テスト付き(レア機能)
  • 無制限の帯域幅・通信量制限なし
  • デバイス数:同時接続3台まで
  • スプリットトンネリング(VPNを通すとおかしくなるアプリ除外機能)
  • サーバー数:94ヶ国3000サーバー以上、日本は3つ

主要部分は海外VPNサービス定番セキュリティレベルであり、特別気になるものはない。

一応収集するものはあり、以下のように閲覧履歴が含まれていないため、どうでもいいだろう。

ExpressVPNは以下を収集します:
プライバシーポリシーに記載されているように、ExpressVPNはユーザーのサービス利用に関する必要最小限の情報を収集します:
・有効化されたアプリとアプリのバージョン
・VPNサービスに接続した日付(時間は含まない)
・VPNサーバーロケーションの選択
・1日あたりに転送されたデータの合計(MB)

引用:活動ログ&接続ログなしのプライベートVPN | ExpressVPN

これらの情報は、エラー改善などのサポートとして使われる。ようするに匿名。最後に「1日あたりに転送されたデータの合計」と書かれているが、無制限なので制限を掛けられることもない。

何か不都合なら、匿名寄りのNordVPNにしよう。

デメリット

散々言われていることだが、料金は高い。

料金プラン

日本のVPNサービス(内緒)と比べれば安いが、「比べる相手は海外VPNサービスであるべき」なので、必然的に高め(1ドル約110円計算)。

ExpressVPNNordVPNSurfsharkProtonVPN
最長プラン
1年3年2年1年
料金(月あたり)8.32ドル:約915円2.99ドル:約329円1.99ドル:約219円8ドルか4ドル

ただ、「世界的に安定している速度に対する設備投資」だと思われるため、速度代金だと割り切ろう。

料金の高さを吹き飛ばすメリット

環境と財力によるとしか言えないため、自分に合うのか悩んでみよう。

冒頭でも紹介したとおり、日本サーバー経由だとNordVPNはほぼ減退が見られなかったのに対し、ExpressVPNはソコソコ落ちる。

といっても快適な速度なので安心していいし、満足は確定。

そして、日本の速度と以下の減退するはずの海外速度が、なぜかほとんど変わらない(同時間帯テスト結果)。

  • 中国:香港(沖縄から見て左下)
  • シンガポール:Jurong(ジュロン・中心部)
  • アメリカ:Seattle(シアトル・アメリカ左上)
  • イギリス:East London(東の? ロンドン)
  • ブラジル(サーバー2の方。1の方は死んでいた)

当サイトは住んでいる家タイプを推測されると悟ったため、具体的な速度は一切提示しない。Webサイトにあるまじき行為だが、実際に使用して調べているため無駄に真実だ。

ぷっぷ
ぷっぷ

絶対教えなーい! VPN紹介しながら自分がリスク負うのやだもん

当サイトが紹介している他のVPNは、当然のように下り(ダウンロード)海外経由で激烈に低下していくのだが、ExpressVPNには多少はあれど、かなり安定している。

どう考えてもこの部分にお金がかかっている

物理的に離れていくので減退は当然」だと思っていたため、驚かされた。

私自身、Torrent(トレント)を使ったことはないが、海外経由にしたいかつ速度も犠牲にしたくない方も、ExpressVPNを一番最初に使うのを勧めておく。

なお、計測環境を非常にボカしていうと、爆速系のNURO光・auひかり回線ではない。

そのため、爆速系ならもっと減退するのか(具体的には%で減退か、私と同じ程度か)、実は日本でも最速になっちゃうのかの確認が取れていない。

さらに注意すると、日本からの海外経由のため、海外からの海外接続速度はどうなるか不明。

この場合は30日間返金保証が存在するので、堂々と使うといい。

当たり前だが、Ping(ピン)の増加具合は物理的に離れていて無理なため、他のVPNと一緒。

詳細はこちら

向いている人まとめ

  • 海外出張ビジネスマン
  • 海外経由ゲームガチ勢

さきほども述べたが、現地で接続したわけではないので、結局は「30日間返金保証にお世話になる可能性」から逃れられていない点には注意しておこう。

当サイトは支払いから設定方法まで紹介しているため、購入後もスムーズに利用できるよう、仕込んでおいた。

コメント