【SSS】ExpressVPNの匿名支払い方法や使い方

ExpressVPNの使い方VPN(暗号化通信)
この記事は約6分で読めます。

当記事は商売のように紹介料を得るリンクを採用。記事の出来が悪ければ容赦なく避け、情報だけ頂くといい。

速度に定評のあるExpressVPN(エクスプレス)の、支払い方法・インストール・VPN起動までの使い方を紹介していく。

特徴は以下となっており、一言で表すと「海外経由最速VPN」だ。

  • 256bitのAES暗号化通信
  • VPNプロトコル:OpenVPN・IKEv2(iOSのみ)
  • データ保持法のない英領ヴァージン諸島が拠点のため、活動ログ・接続ログを記録しない
  • IPアドレスや接続場所を隠して匿名
  • 簡単速度テスト付き(レア機能)
  • 無制限の帯域幅・通信量制限なし
  • デバイス数:同時接続3台まで
  • スプリットトンネリング(VPNを通すとおかしくなるアプリ除外機能)
  • サーバー数:94ヶ国3000サーバー以上、日本は3つ

詳しい特徴は以下の記事で述べたため、ここでは支払いから進めていく。

プラン選択・支払い方法

さっそくだが、プランを確認しにいこう。

30日間返金保証もあるので、安定した速度と、暗号化による不安払拭を堪能するといい。

※1年プランは35%お得
購入へ進む

ExpressVPNを購入へ進むと最初から12ヶ月(1年)が選択されていると思うので、変更するならプランをクリックしよう。

ExpressVPNの料金プラン

下へ進み、今度はメールアドレスを入力だ。

Googleのエイリアスは使用できず、英語で支払いエラーを表示されて混乱するかもしれないので、記号の入っていない、数字とアルファベットだけの普通なメアドを推奨

そして、支払い手段をクレジットカードなどから選択しよう。

メールアドレスと支払い方法選択

クレジットカード情報を記入したくない方:アカウント情報漏洩被害を確実に避けるなら、匿名支払い推奨。ただ、活動ログを保持していない=何をしているか運営側がわからないうえ、紐づけはほぼ関係がなく、カードは大体補償付き※補償期間要確認。

クレジットカード決済でいいならクレジットカードでの支払いまで読み飛ばし、特殊な支払い方法は以下に記述しておいた。

クレジットカードをお持ちでない場合は、「ビットコイン・プリペイドカード・PayPal(ペイパル)支払い」などになるので、「匿名で支払いたい」と「プリペイドカードで支払い予定」をよく確認しよう。

匿名ではないが、カード情報を伝えないPayPal(ペイパル)は以下。

ビットコインは支払い時に匿名なだけで、その取引が会社(購入した取引所)に紐付いており、Vプリカなどのバーチャルカードとあまり変わりがない。なお、楽天バーチャルプリペイドカードは使えなかった

※ExpressVPNが30日間返金保証に対応しても、プリペイド側が返金受付しているかわからないので、プリペイド側の利用規約を確認するか、面倒なら返金を諦める気持ちで。

12ヶ月プランだけは99.95ドル=日本円だと1万円を超える。つまり、1万円以上のプリペイドカードがないので支払いに使えず、チャージ不可なので購入できない

その場合はビットコインかPayPal(ペイパル)、コンビニからチャージできる「Kyash」というものが存在するので、どれかを試すといい。

※Kyashは使えるかどうか確認していないため、使えなかったらドンマイ、使えたらコメント欄で報告を待っている。

ようするに、悪いことに使うならどの支払い方法もアウトなので、ExpressVPNが個人情報を万が一漏らすことに対して防御したいなら、最悪カード情報を守っておけば問題なし。

クレジットカードでの支払い(プリペイドも同じ)

クレジットカード入力例

入力すると、以下のような画面が出現するのでじっと待とう。

支払い処理中は何もしない!

支払い完了後はパスワードを付与される

付与されるパスワードは8文字となっており、2時間ほどで解読されるほどにマズいものなので、ここは強力にしておこう。

もらったパスワードを使わず作成

パスワード管理ソフトは帝王Bitwardenが君臨しているため、キツくできないのなら今は8文字で我慢し、VPNを使えるようになってから再度設定すれば良い。

パスワードは括弧や空白、ANSI文字は使えないようなので、仕方なく弱めよう。

パスワード変更
本当は16桁、できれば18桁以上

そうすると「アクティベーションコード」をもらえ、ダウンロードするものも選べる。

ここではWindows版で進めていき、アクティベーションコードはインストールした後に使うので、コピーしておこう!

なぜかGoogle Chrome拡張機能・Mozilla Firefoxアドオンが私の環境で使えない。デスクトップ版と大差ないので困らないが、ChromeOSはAndroidアプリで乗り切きろう。

以下のページは公式サイトでログインすれば、いつでも確認できるぞ。

アクティベーションコードをコピーしてダウンロード

インストール

途中、私のセキュリティソフト(アンチウイルスソフト)がExpressVPNを隔離するよう誤検知した。その場合はExpressVPNを信頼しなければ使えないため、許可しよう。

exeファイルを開く
ダブルクリック

不安を煽るユーザーアカウント制御が出現したら「はい」。

ユーザーアカウント制御を許可する

ExpressVPNの機能を紹介されるが知っているので「スキップ」→ 購入済みなので「ExpressVPNの設定」へ。

スキップか続行どちらでもOK
ExpressVPNの設定へ進む

再度不安を煽るユーザーアカウント制御が出現し、今度こそインストールなので「はい」。

ユーザーアカウント制御を許可する
今度はインストーラーの許可

さきほどのアクティベーションコードを以下の画像のように貼り付け、「サインイン」しよう。

その後は初期設定が始まる。

アクティベーションコードを貼り付け

初期設定

以下のように初期設定をしよう。

「起動時に自動起動」は間違えてVPNを使わずにアクセスすることのないよう「OK」だ。

「ExpressVPNの改善に強力」は通信内容の傍受ではなく、クラッシュ(壊れた)際の情報・速度テスト・VPN接続が成功したかのどうでもいい、ExpressVPNが成長するために欲しい情報なので、協力するなら「OK」だ。

起動時に自動起動推奨
ExpressVPNを育てたいならOK

あとはボタンを押すだけで通信が暗号化され、目的の状態になる。

電源マークを押すだけ
押すとVPN ONになる

詳しい設定

最初から重要部分は有効化されているため問題ないが、IPアドレスを晒す事故を防ぐ知識を得るためにも、確認を推奨。

コメント

  1. 匿名 より:

    NordVPNはTor使う機能がありましたけどExpressVPNにもついてるんでしょうか?

  2. ぷっぷぷっぷ より:

    ExpressVPNにオプションのセキュリティ向上機能は何一つ付いていない感じです・ω・
    推奨用途としては、速度重視のExpress、セキュリティ目当てのNordとなっています。

    Torのような次元の違うプライバシーは一般の方とは格上になっていますので、そのレベルを気にかけるならNordVPNを推奨します。

    でも、ExpressVPNを起動 → Torブラウザを起動という感じにすれば同じように使えるかと思います。つまり、いつもの使い方なのかな?(゚~゚o)
    ※私はTorを使ったことがないのでわかりませんが、NordVPNのTor機能は、文面を見る限りブラウザ必要なしらしいです。この手間なしが魅力的なのか不明!

タイトルとURLをコピーしました