【こんな感じ】ExpressVPNの匿名支払い方法と最初の使い方

支払い方法と使い方VPN(暗号化通信)
この記事は約6分で読めます。

当記事は商売のように紹介料を得るリンクを採用。記事の出来が悪ければ容赦なく避け、情報だけ頂くといい。

速度に定評のあるExpressVPN(エクスプレス)の、支払い方法・インストール・VPN起動までの使い方を紹介していく。

特徴は以下となっており、一言で表すと「海外経由最速VPN」だ。

  • 256bitのAES暗号化通信
  • VPNプロトコル:OpenVPN・IKEv2(iOSのみ)
  • データ保持法のない英領ヴァージン諸島が拠点のため、活動ログ・接続ログを記録しない
  • IPアドレスや接続場所を隠して匿名
  • 簡単速度テスト付き(レア機能)
  • 無制限の帯域幅・通信量制限なし
  • デバイス数:同時接続5台まで
  • スプリットトンネリング(VPNを通すとおかしくなるアプリ除外機能)
  • サーバー数:94ヶ国3000サーバー以上、日本は3つ

詳しい特徴は以下の記事で述べたため、ここでは支払いから進めていく。

プラン選択・支払い方法

さっそくだが、プランを確認しにいこう。

30日間返金保証もあるので、安定した速度と、暗号化による不安払拭を堪能するといい。

※1年プランは35%お得
購入へ進む

ExpressVPNを購入へ進むと最初から12ヶ月(1年)が選択されていると思うので、変更するならプランをクリックしよう。

ExpressVPNの料金プラン

下へ進み、今度はメールアドレスを入力だ。

Googleのエイリアスは使用できず、英語で支払いエラーを表示されて混乱するかもしれないので、記号の入っていない、数字とアルファベットだけの普通なメアドを推奨

そして、支払い手段をクレジットカードなどから選択しよう。

メールアドレスと支払い方法選択

クレジットカード情報を記入したくない方:アカウント情報漏洩被害を確実に避けるなら、匿名支払い推奨。ただ、活動ログを保持していない=何をしているか運営側がわからないうえ、紐づけはほぼ関係がなく、カードは大体補償付き※補償期間要確認。

クレジットカード決済でいいならクレジットカードでの支払いまで読み飛ばし、特殊な支払い方法は以下に記述しておいた。

クレジットカードをお持ちでない場合は、「ビットコイン・プリペイドカード・PayPal(ペイパル)支払い」などになるので、「匿名で支払いたい」と「プリペイドカードで支払い予定」をよく確認しよう。

匿名ではないが、カード情報を伝えないPayPal(ペイパル)は以下。

ビットコインは支払い時に匿名なだけで、その取引が会社(購入した取引所)に紐付いており、Vプリカなどのバーチャルカードとあまり変わりがない。なお、楽天バーチャルプリペイドカードは使えなかった

※ExpressVPNが30日間返金保証に対応しても、プリペイド側が返金受付しているかわからないので、プリペイド側の利用規約を確認するか、面倒なら返金を諦める気持ちで。

【朗報】Vプリカが使える模様

通りすがりさんのコメントによると、ネットで購入するタイプのVプリカが使えた模様。コンビニにあるVプリカは5,000円までしかなく、半年以上のプランでは残高不足の罠があるのでアカウント作成必須。

12ヶ月プランだけは99.95ドル=日本円だと1万円を超える。つまり、1万円以上のプリペイドカードがないので支払いに使えず、チャージ不可なので購入できない

その場合はビットコインかPayPal(ペイパル)、コンビニからチャージできる「Kyash」というものが存在するので、どれかを試すといい。

※Kyashは使えるかどうか確認していないため、使えなかったらドンマイ、使えたらコメント欄で報告を待っている。

ネットでのVプリカは使える模様

コンビニに置いてあるものは5,000円までだが、ネット経由だとチャージして1万円以上にできる。参考通りすがりさんのコメント

Vプリカ料金表

ようするに、悪いことに使うならどの支払い方法もアウトなので、ExpressVPNが個人情報を万が一漏らすことに対して防御したいなら、最悪カード情報を守っておけば問題なし。

クレジットカードでの支払い(プリペイドも同じ)

クレジットカード入力例

入力すると、以下のような画面が出現するのでじっと待とう。

支払い処理中は何もしない!

支払い完了後はパスワードを付与される

付与されるパスワードは8文字となっており、2時間ほどで解読されるほどにマズいものなので、ここは強力にしておこう。

もらったパスワードを使わず作成

パスワード管理ソフトは帝王Bitwardenが君臨しているため、キツくできないのなら今は8文字で我慢し、VPNを使えるようになってから再度設定すれば良い。

パスワードは括弧や空白、ANSI文字は使えないようなので、仕方なく弱めよう。

パスワード変更
本当は16桁、できれば18桁以上

そうすると「アクティベーションコード」をもらえ、ダウンロードするものも選べる。

ここではWindows版で進めていき、アクティベーションコードはインストールした後に使うので、コピーしておこう!

なぜかGoogle Chrome拡張機能・Mozilla Firefoxアドオンが私の環境で使えない。デスクトップ版と大差ないので困らないが、ChromeOSはAndroidアプリで乗り切きろう。

以下のページは公式サイトでログインすれば、いつでも確認できるぞ。

アクティベーションコードをコピーしてダウンロード

インストール

途中、私のセキュリティソフト(アンチウイルスソフト)がExpressVPNを隔離するよう誤検知した。その場合はExpressVPNを信頼しなければ使えないため、許可しよう。

exeファイルを開く
ダブルクリック

不安を煽るユーザーアカウント制御が出現したら「はい」。

ユーザーアカウント制御を許可する

ExpressVPNの機能を紹介されるが知っているので「スキップ」→ 購入済みなので「ExpressVPNの設定」へ。

スキップか続行どちらでもOK
ExpressVPNの設定へ進む

再度不安を煽るユーザーアカウント制御が出現し、今度こそインストールなので「はい」。

ユーザーアカウント制御を許可する
今度はインストーラーの許可

さきほどのアクティベーションコードを以下の画像のように貼り付け、「サインイン」しよう。

その後は初期設定が始まる。

アクティベーションコードを貼り付け

初期設定・使い方

以下のように初期設定をしよう。

「起動時に自動起動」は間違えてVPNを使わずにアクセスすることのないよう「OK」だ。

「ExpressVPNの改善に強力」は通信内容の傍受ではなく、クラッシュ(壊れた)際の情報・速度テスト・VPN接続が成功したかのどうでもいい、ExpressVPNが成長するために欲しい情報なので、協力するなら「OK」だ。

起動時に自動起動推奨
ExpressVPNを育てたいならOK

あとはボタンを押すだけで通信が暗号化され、目的の状態になる。

電源マークを押すだけ
押すとVPN ONになる

詳しい設定

最初から重要部分は有効化されているため問題ないが、IPアドレスを晒す事故を防ぐ知識を得るためにも、確認を推奨。

コメント

  1. 匿名 より:

    NordVPNはTor使う機能がありましたけどExpressVPNにもついてるんでしょうか?

  2. ぷっぷぷっぷ より:

    ExpressVPNにオプションのセキュリティ向上機能は何一つ付いていない感じです・ω・
    推奨用途としては、速度重視のExpress、セキュリティ目当てのNordとなっています。

    Torのような次元の違うプライバシーは一般の方とは格上になっていますので、そのレベルを気にかけるならNordVPNを推奨します。

    でも、ExpressVPNを起動 → Torブラウザを起動という感じにすれば同じように使えるかと思います。つまり、いつもの使い方なのかな?(゚~゚o)
    ※私はTorを使ったことがないのでわかりませんが、NordVPNのTor機能は、文面を見る限りブラウザ必要なしらしいです。この手間なしが魅力的なのか不明!

  3. 長谷川寛太 より:

    バーチャルカードというのはバーチャルプリペイドカードのことですか?
    無知ですみません

    • ぷっぷぷっぷ より:

      そうです∩(・∀・∩
      表記を統一していなくてごめんなさい……。
      基本的にバーチャルで使えるものはチャージ式=プリペイドという認識でOKです!

  4. あーー より:

    Webマネーでも支払いできるんですね!
    Webマネーは匿名支払いではないのですか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      ちょっとまって( Ꙭ)
      Webマネーってもしかして日本で知られている方ですか?
      基本的に海外でwebmoneyといったらロシアのウェブマネートランスファーで、Expressもロシアの方です!
      ロシアのウェブマネーの詳細はよくわかりませんが、一応匿名ではあるけど調べられたら普通に国にバレるシリーズなので匿名ではないような匿名です(どっち
      わかりやすく言うと、何も問題が発生しなければExpressVPNに対して匿名を貫き通せるという認識です∩(・∀・∩

      あと、単純に海外で使用される日本だと知名度の低い支払い方法は省いています!(アリペイ・支付宝とかもそう)

      • あーー より:

        コンビニのアレじゃないんですね….支払い方法難しいですね。。。

        • ぷっぷぷっぷ より:

          みんな同じこと考えてますね……(´ε`;)
          危なかった、知っててよかった。コンビニで買って「使えないジャーン!」になるところだった( Ꙭ)
          結局はクレジットカードで支払うのが最短なんですよね。
          どうしたものでしょうか……。閲覧を見られるわけじゃないけど、「ExpressVPNを利用している」という事実は消せなーい(゚~゚o)

  5. (・Д・) より:

    月額を払わなければいけない様ですが、visaで6ヶ月分を支払って、6ヶ月たったら自動で解約になると言うことですか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      解約ではなくVPN接続ができなくなるだけですね。
      そして、どこも自動契約だと思いますので、クレジットカードであればこちらから月額・年契約を解除しなければ延々と更新される仕様かな?
      ですが、仮想通貨など最初に決めた金額を払ってそのままー系は月額だと思いますが、ちょっとこの辺は確認してもらえると助かります( ・ω・)/

  6. 匿名 より:

    コンビニなどに売っているvプリカギフトカードでは支払いできないのでしょうか?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      検索するとちょっとだけ使えるような話を見かけますが、NordVPNと比べるとその数は少ないですね(´ε`;)
      というわけで実際使えるかどうかを保証できない状態ですので、できなかった場合に備えてamazonギフト券に逃げることを考慮にいれ、試してみるしかないかもしれません。

      • 通りすがり より:

        こんにちは、通りすがりで失礼します。
        3日程前に、VプリカでExpressVPNの決済した者です。
        と言ってもコンビニで売ってる方じゃなくて会員登録して自前のクレカでプリペイドを買う方ですが、同じVプリカなので恐らくコンビニのでも通るんじゃないかと思います。
        ちなみにカード番号の最初の6桁は4284-86です、コンビニのも恐らく4284-85か4284-86になってると思うので、それなら通るはずです。
        画像なのであまり証拠にはならないかも知れませんが決済が通った画面を画像サイトにアップしておきました↓
        https://f.easyuploader.app/eu-prd/upload/20200525090230_5738666c5274436e7a6f.jpg
        参考になれば幸いです。

        • 通りすがり より:

          あ、余談ですがPaypalもVプリカ通る(こちらは去年試した)ので、万一の場合でもPaypal経由で支払い可能です(ExpressVPNに対しての匿名性は無くなりますが)

          • ぷっぷぷっぷ より:

            めちゃくちゃ親切∩(・∀・∩
            コンビニで売っているVプリカは5,000円までなので、いざ「Expressを購入!」とすると「残高不足で買えない」罠があるので、通るかも知れませんがダメですね(´ε`;)
            アカウント作成のネットからVプリカはチャージできるので、使えるかどうか教えてもらえたのはすごくありがたいです!
            また、PayPal経由のVプリカ情報もありがとうございます(*゚▽゚)

            • 通りすがり? より:

              一番安くなる一年払いで一括で払おうと考えるとそうなっちゃいますけど、
              割高ですが一ヶ月(のみ)払いだと、3000円カードで支払えるっちゃ支払えますね。
              一ヶ月プラン=$12.95↓
              https://usa.visa.com/support/consumer/travel-support/exchange-rate-calculator.html?amount=12.95&fee=4.0&fromCurr=JPY&toCurr=USD
              まぁ無駄金っちゃ無駄金なのですが、自分でVプリカが通るか試さないといきなり高額は買えない!
              って心配性な人で、お金持ちな人なら試す価値はあるかと(あるのか?)
              Vプリカ側にも一切個人情報を出したくないという人ならこの方法しかないですね。

              • ぷっぷぷっぷ より:

                確かに、「数千円で確実が手に入る」だけ考えるとすっごい魅力的に聞こえる(゚~゚o)
                お金持ちだったらすぐ出せそう!
                このキャッチフレーズもらうかも!

  7. 匿名 より:

    3年間ほど毎回同じIPアドレスを利用したいのですが(専用IP出なくても可)、その様なことは可能なのでしょうか?
    ご存知でしたら、お教えいただけますと嬉しいです。

    • ぷっぷぷっぷ より:

      共有サーバーの件だとExpressじゃなくてNordVPNの話になりますが、大体半年~1年ごとに共有サーバーはメンテナンスに入るようで、古い番号のサーバーは使えなくなる=サーバー変更=IPアドレス変更へ強制的になるかもしれません(Expressもそうなのかは不明)。
      これは専用じゃないから当然ですが、私みたいに共有サーバーのIPがほとんど変わらないことに目をつけ、半固定IPとして使う人は少なからず居るかと思いますので全然アリです。

      そのサービスにログインする際、半固定IPアドレス以外ログインできない状態にしてしまうと、メンテナンスに入った瞬間にログインできなくなるので、この罠に引っかからないようにIPログイン制限関連は注意してください。

      専用IPの場合、ExpressVPNは提供しておらず、記憶にありませんが国は選べるけどサーバーを選べないのでIPは実質ランダム?(静的IPというので毎回同じサーバーを選択できるなら可能なはず:Surfsharkが多分このシステム)

      ExpressVPNは静的または専用IPを提供していません。 これはExpressVPNのIPアドレスが定期的に循環するためですか? ExpressVPNサーバーに接続すると、使用できる最善のIPが与えられます。 IPアドレスは以前に接続した時と同じである可能性も、異なる可能性もあります。

      引用:静的IPまたは動的IPを提供していますか? よくある質問 | ExpressVPN
      ※静的を提供していないと書いてあるし、IPを循環させるニュアンスも確認できる。
      サーバーが5個くらいなら、すべてのIPアドレスをメモして、それをホワイトリストに入れるのはアリだと思います。
      通りすがりのログイン試行者が「ExpressVPNのIPアドレスでしかログインできないこと」を知るわけがないので。

      ちなみに、専用IPは日本産のやつは検索すると結構でてきますが、海外のちゃんとしたVPNはNordしかないかも。
      参考Dedicated IP(専用IPアドレス)

  8. 匿名 より:

    重箱の隅をつっつく様で申し訳ないのですが、現在ExpressVPNの同時接続デバイス数は5にアップされてます。
    昨年のいつ頃からか特に利用者へのメールやアプリ上でのアナウンスもなく増えてました。
    …いやアプリ上は下に出て来る英語のメッセージなど読んどりゃせんから出てたのかもですが(笑)
    さすがに他が5以上のところが多いので、高額な上に3では…とか考えたのでしょうかね。

    • ぷっぷぷっぷ より:

      本当だ( Ꙭ)
      紹介しているのに、この業界全然教えてくれなーい!
      確かに3つって絶妙に少ないんですよね。最低5!セキュリティソフトも5台が人気ですし、いい傾向ですね(*゚▽゚)

  9. 匿名 より:

    2020/7/21現在中国国内で使える数少ないVPNです
    コレかASTRillVPN以外選択肢はありません

タイトルとURLをコピーしました