【無料】セキュリティ高すぎ!ProtonVPNの使い方

ProtonVPN VPN(暗号化通信)

無料VPNサービスは活動情報(ログ)を販売していることがある。

これは、広告収入だけじゃサーバー運営費を賄えない、もっと儲けたい欲に対抗できない可能性があるからだ。

通常は実績がなく得体の知れない無料VPNは紹介したくないが、このVPNは世界でもっとも安全なメールサービスを目指した結果、セキュリティが高すぎるProtonMail(プロトンメール)と同じ運営であり、セキュリティ管理の実績がある。

なんと、無料プランなのに帯域制限(通信制限)がないので無制限で使える。正直改悪されそうで怖い。

このサービスはまず無料で使ってもらい、もっと使いたいと思ったら有料に促すビジネスモデルと寄付で運営している。
スポンサーリンク

ProtonVPNの特徴

専門用語だらけなので、簡単に説明すると以下の通り。

  • ※強力な暗号化
  • ※強力なプロトコル
  • ※ログポリシーなし
  • 米国とEUの手段を無視できるスイス
  • サーバーの場所がスイス軍避難場所地下1000Mにある物理的セキュリティ

詳しくは公式サイトのセキュリティ機能を確認すると良い。

英語だが、理解しなくてもセキュリティをやりすぎているのが伝わるだろう。

たがこの界隈、上記「※」のメリットがメジャーなVPN(ExpressやNordなど)もやっている最低条件だ。よって、無料の優位性しか実際はないかもしれない。

つまり、大手有料VPNと同等かそれ以上のセキュリティだ。

スポンサーリンク

アカウント作成

翻訳した画像を駆使して説明する。英語だが、最初に設定してしまえばあまり関係がないので妥協しよう。

アカウント作成・プラン選択ページへアクセスし、プランを選択(無料プラン選択中のはず)。

プラン選択

無料プランなので「日本・アメリカ・オランダ」の3カ国サーバー(一つの国に2つずつあるので実際は6つ)しか使えず、1デバイス(端末)までで低速。

といっても、利用者が少ないようで現在は低速の実感なし。

無料でもプラスプランを強制的に7日間利用できるので、その間に上記有料プラン機能を使ってみるといいだろう。

ちなみに、有料プランは他VPNと比べると相当高い(他が安すぎるだけなのだが)。

料金プラン
NordVPN
料金プラン
Surfshark

本格的に使うならNordVPNかSurfsharkを検討するといい。

プランの下の方に進むと「Create your account(アカウントを作成)」があり、メールアドレスを入れたあとに「GET PROTONVPN FREE(ProtonVPNを無料で取得)」をクリックしよう。

メールアドレスを入れて無料をクリック

登録したメールアドレス宛に6桁のコードが送信されているので、入力して「VALIDATE(検証)」。

コード入力

アカウント情報を登録する表示がでたら、「ユーザー名」と「パスワード」を入力しよう。

アカウント情報を入力

すると「ProtonVPNを選んでくれてありがとう!」と言われるので、そのままダウンロードページにアクセスする。

選んでくれてありがとう!

ダウンロード

ダウンロードページへアクセスし、希望のプラットフォームを選ぼう。

ダウンロードページ

インストール

ダウンロードしたものをダブルクリック。

不安を煽る画面がでてきたら「はい」をクリック。

ユーザーアカウント制御

「Next(次へ)」を押せるようになってもクリック。

セットアップウィザード

保存するフォルダを選べるが、通常はそのままでOK。

保存フォルダ選択

準備が完了していれば「Install(インストール)」をクリック。

Installをクリック

いろいろインストールが始まるので、「Next」が押せるようになるまで待機。

インストール中

最後にフィニッシュをクリック。裏でProtonVPNが起動しているはずだ。

インストールフィニッシュ
スポンサーリンク

ログイン

インストール後は起動しているが、デスクトップにアイコンが追加されているので、そちらをダブルクリックしても起動することができる。

デスクトップアイコン

次に、ログイン情報を入力。

常時VPN接続をする方は「Start with Windows(Windows起動と同時に起動させる)」を「ON」にしておこう。

ログイン情報を入力

初回起動時は「有料のプラスプラン、7日間お試し」が強制的に体験できる。

この期間のうちにすべてのサーバー・すべての機能を使ってみよう! もしこの画面が出現しない場合は、お試しキャンペーンは終了しているぞ。

7日間トライアル

7日間は上記画像が起動するたび出現し、アップグレードを促される。アップグレードをクリックしてもウェブサイトに飛ぶだけなので大丈夫だ。

英語で混乱するかもしれないが、カウントダウンはお試し期間の残り時間と覚えておこう。
スポンサーリンク

使い方

ここからは7日間のお試しが終了した画像で説明していく。

例のごとく、「日本・アメリカ・オランダ」のサーバーのみ使え、一つの国に無料サーバー(FREE)が2つ用意されている。

無料サーバー

そのまま選択してもいいが、上記画像「Quick Connect(今すぐ接続)」が初期設定だと「国関係なし最速サーバー」に接続してしまうので設定を推奨。

PC起動時に自動接続する設定

今からやることは、プロファイル作成し、PC起動時指定した国・サーバーに自動接続する方法だ。

「Profiles(プロファイル)」をクリックしてから「Create Profile(プロファイル作成)」をクリック。

ものすごく画像でProfile(プロフィール)と言っているが、「Profile(プロファイル)」だった。どうやらスペルが同じようで、訂正はしない。
プロファイルをクリック
プロファイル作成

次の画像の番号通りに進もう。

名前は日本語でもよく、設定ファイルの名前なのでわかればなんでもOK。国は何も予定がないならJapanだ。

プロフィール

これでプロファイルが完成した。

同じサーバーのプロファイルは作成できず、「Edit(編集)」・「Delete(削除)」する必要がある。それらは「Manage Profile(プロファイルの管理)」で可能。

次にこのプロファイルを自動起動させるため、ウィンドウ上部の「ハンバーガーメニュー」をクリック→「Settings(設定)」もクリック。

ハンバーガーメニュー

さきほど用意したプロフィールを「Auto Connect(自動接続)」・「Quick Connect(今すぐ接続)」に設定しよう。

設定

他の設定は画像の通りだ。面倒なら赤文字部分だけONにしよう。

これで『Windows起動時、指定した国のサーバーに自動接続する』状態になった。閉じる・保存ボタンはないが、普通に閉じて保存されているぞ。

「VPN Kill Switch」はVPN切断時、強制的にインターネットが切断される。自分のIP流出を避けたいならON。

すべての設定が完了した。あとは、改悪されないよう祈るだけだ。

スポンサーリンク

スマホアプリの設定

アプリ版の設定はこちら。やっていることが一緒なので、ダウンロードと設定方法だけ参考にしよう。

無料プランは「1デバイスまで」なのをお忘れなく!

ProtonVPNで安心しきってもいいが、そこに付け込まれたくなければ隙きをなくそう。

コメント