【身バレ抹殺】Twitterのプライバシーとセキュリティ設定

Twitterのセキュリティ設定Webサービス
この記事は約8分で読めます。

身バレとは「個人を特定される」という意味で、自分の不注意によるものから流出する。

そうならないよう、「スマホアプリ」と「パソコン(Webブラウザ)」のプライバシーに関係する機能を無効化させ、セキュリティも向上させる設定をしていく。

それ以外の通知など何の問題のないものは無視していくので、「身バレを防止するためだけ」を目指す。

スマホとパソコンの設定方法をわけているので、「目次」をうまく使おう。

スポンサーリンク

スマホアプリから設定

「ホーム」にある「ハンバーガーマーク」をクリックして、「設定とプライバシー」に進もう。

ハンバーガーマークをタップ
設定とプライバシーをタップ

「プライバシーとセキュリティ」をタップ。

プライバシーとセキュリティをタップ

以下の赤枠が個人情報の公開に関係する機能となっており、チェックを外すか考えよう。

「画像へのタグ付け」と「見つけやすさ」だけ最初から有効化されている点に注意。

プライバシーとセキュリティ設定
動画の連携を切って、見つけやすさに進む
メアドと電話番号の称号を許可しない
位置情報は無効のまま
  • ツイートを非公開にする:非公開にしてもフォロワーがスクリーンショットで※1.外に流出させる権利を持っている
  • 自分を画像にタグ付けすることを許可:意味がわからないならオフ
  • Periscopeと連携:ライブ動画を視聴中に見ていることがバレるのでオフ
  • メアドと電話番号の照合と通知を許可:メアドや電話番号を知っている人にバレるのでオフ
  • アドレス帳の連絡先を同期:友だちとつながる必要がないならオフ、間違えて同期させたならその下にある「すべての連絡先を削除」をタップ
  • 正確な位置情報:間違えて位置情報を付けてツイートしてしまうのを防止するため無効のまま

※1.たとえ非公開でもオンラインのため、相手が裏切ると役に立たない。

スマホアプリから2段階認証設定

この設定は「誕生日などの適当なパスワードを変えずにセキュリティを向上させることができる」ので、必ずやっておこう。

ただし、あらゆる2段階認証方法でも電話番号・SMS番号が必須となっており、「データSIM」は設定できないので注意。

電話番号を登録するのに抵抗があった場合でも、さきほど設定したプライバシー設定をやっておけば流出する心配はない。

「ホーム」にある「ハンバーガーマーク」をクリックして「設定とプライバシー」に進もう。

ハンバーガーマークをタップ
設定とプライバシーをタップ

「アカウント」をタップし、「セキュリティ」を選択。

アカウントをタップ
セキュリティに進む

「ログイン認証」をタップしてチェックを付けよう。

ログイン認証をタップ
チェックを入れる

ちょっと待つと「ログイン認証の仕組み」表示が出現するので始める。

ログイン認証の仕組みを始める

電話番号かSMS番号を入力し、SMS(ショートメッセージ)に記載された6桁のコードを入力しよう。

「電話番号の照合と通知を許可する」のチェックは必ず外した状態にする!

番号を入力
6桁の認証コードを入れる

「登録が完了しました」表示がでたら「バックアップコードを取得」をタップし、暗号化された都合の良い場所かどこかに保存しよう。

バックアップコードを取得する
バックアップコードをどこか安全な場所に保存

戻ると「ログイン認証」にチェックが入った状態で、いろいろな「認証方法」が出現する。

SMS認証はすでに完了したが、「モバイルセキュリティアプリ」が一般的かつ管理がしやすいので、設定していこう。

Googleの2段階認証アプリは非常に使いづらいので、インストールしていなければ【S】将来を考えたおすすめ2段階認証アプリ2選の記事を参照。
2段階認証アプリを設定しにいく
アプリを始める

「この端末で設定」表示になったら、Google Authenticatorの方は「今すぐ設定」、それ以外の方は「別の端末で設定する場合」をタップしよう。

別の端末の方に進む
Google Authenticatorはリンクを開くでOK

「別の端末で設定する場合」で進めるとQRコードが出現し、このQRを今使っているスマホで読み込めないので、「コードをスキャンできない場合」をタップして「16桁のキー」をコピーしよう。

コードをスキャンできない場合をタップ
シークレットキーをコピーしてアプリに入力

各アプリ手動入力機能の場所は以下のとおり。

  • Google Authenticator:「+」→「提供されたキーを入力」
  • IIJ SmartKey:QRコード読み取り中に右上のキーボードマーク
  • Authy:Add account表示下の「ENTER KEY MANUALLY」

2段階認証アプリに表示された6桁のコードを「今すぐ試す」の認証用コード欄に入力し、「認証する」をタップ。

コードを認証
完了

これで完了した。

「テキストメッセージ」と「モバイルセキュリティアプリ」2つが有効化されている状態だとログイン時にSMSメッセージが飛んできて邪魔なので、「テキストメッセージ」のチェックだけを外しておこう。

テキストメッセージだけ削除
電話番号・SMS番号を削除すると「モバイルセキュリティアプリ」も無効化されるため、番号は仕方なく登録したままにしておくこと。

次からはパソコンの設定なので、「ツイートしてはいけない条件」まで読み飛ばそう。

スポンサーリンク

パソコン(Web)から設定

「ホーム」にある「自分のマーク」をクリックして、「設定とプライバシー」に進もう。

プロフィールをクリック
設定とプライバシーをクリック

「ユーザー情報」に飛ぶが、その下の「プライバシーとセキュリティ」項目をクリック。

プライバシーとセキュリティへ進む

「プライバシーとセキュリティ」項目に危ない機能が集結しているので、チェックを外すか考えよう。

「画像へのタグ付け」と「見つけやすさ」だけ最初から有効化されている点に注意。

プライバシーとセキュリティの設定
  • ツイートの公開設定:非公開にしてもフォロワーがスクリーンショットで※1.外に流出させる権利を持っている
  • 位置情報をツイート:親切に現在地を教えてしまうことを防止したいのでオフ
  • 自分を画像にタグ付けすることを許可:意味がわからないならオフ
  • 見つけやすさ:メアドや電話番号を知っている人にバレるので要注意
  • アドレス帳:意味がわからないならオフ

※1.たとえ非公開でもオンラインのため、相手が裏切ると役に立たない。

「アドレス帳」は「友だちを見つける」項目のことでもあるので、この項目自体を無視しておけば良い。

友だちを見つけるは無視

パソコンから2段階認証設定

この設定は「誕生日などの適当なパスワードを変えずにセキュリティを向上させることができる」ので、必ずやっておこう。

ただし、あらゆる2段階認証方法でも電話番号・SMS番号が必須となっており、「データSIM」は設定できないので注意。

電話番号を登録するのに抵抗があった場合でも、さきほど設定したプライバシー設定をやっておけば流出する心配はない。

「ホーム」にある「自分のマーク」をクリックして「設定とプライバシー」に進もう。

プロフィールをクリック
設定とプライバシーをクリック

「ログイン認証を設定」へ進む。

ログイン認証に進む

「ログイン認証の仕組み」表示が出現し、始めると電話番号かSMS番号を入力するように言われるので入力しよう。

「電話番号の照合と通知を許可する」のチェックは必ず外した状態にする!

ログイン認証の仕組みを始める
番号を追加

番号の入っている端末に6桁のSMS(ショートメッセージ)が届くので、「認証コードを入力」の項目に入れ「送信」。

認証コードを入力して送信

「登録が完了しました」表示が出現したら、「バックアップコードを取得」をクリックし、暗号化された都合の良い場所かどこかに保存しよう。

バックアップコードを取得をクリック
バックアップコードをどこか安全な場所に保存

SMS認証設定は完了したが、「モバイルセキュリティアプリ」が一般的かつ管理しやすいので設定していこう。

Googleの2段階認証アプリは非常に使いづらいので、インストールしていなければ【S】将来を考えたおすすめ2段階認証アプリ2選の記事を参照。

「ログイン認証を設定」が「ログイン認証方法を確認」になっているのでクリック。

ログイン認証方法を確認

「ログイン認証」の種類がいくつか表示され、「モバイルセキュリティアプリ」を選択。

モバイルセキュリティアプリをクリック

「始める」をクリックし、QRコードをスキャンしていこう。

セキュリティアプリを始める
QRコードをスキャンして次へ

2段階認証アプリで読み取り、6桁のコードを入力して完了だ。

2段階認証アプリに表示されたコードを入力
完了

「テキストメッセージ」と「モバイルセキュリティアプリ」2つが有効化されている状態のため、ログイン時にSMSメッセージが飛んできて邪魔だ。

「テキストメッセージ」の「編集」をクリックし、「Off」にしておこう。

テキストメッセージを編集
テキストメッセージをオフ
電話番号・SMS番号を削除すると「モバイルセキュリティアプリ」も無効化されるため、番号は仕方なく登録したままにしておくこと。
スポンサーリンク

ツイートしてはいけない条件

バレないと思っていても、わかることは結構ある。

口調やその時間帯に行ったであろう食事の写真など、蓄積していくと高確率でバレる。

店の人はホイホイ教えてしまうので、探偵ごっこをされるとあっさりだ。

当然家の近辺を撮影すると地元には丸わかりである。何か近くの写真を2つでもアップロードしたら、都道府県も簡単にバレると覚えておこう。

ちなみに、TwitterはExif情報という「写真についている位置情報」は自動で削除されるので、安心して良い。

もちろん非公開だからといって「流出すると困るもの」をツイートしてはいけない。


もう一つの定番は電車内だ。

覗き見られて検索され、いとも簡単にバレる。「さっきまで隣に座っていた者です!」と、まったく知らない人からの恐怖を避けるなら防御手段を学ぶといい。

さらに、繰り返し気になるアカウントを見ていると相手に「おすすめユーザー」として表示される可能性もある。

完全にバレるわけではないが、まったく知らない人がおすすめユーザーとして出現するのはあからさまにおかしい。この仕様を知っていたら、確実に知人だとわかるだろう。

この仕様はユーザーページ・ツイートを見るのがアウトなのかわからないので、どうしても見なければならないならプライベートブラウジング(シークレットモード)で見るようにしよう。

その状態ならログアウトしていることになっているため安全。

スポンサーリンク

バックアップコードの保存場所

一番都合の良い場所は、デジタル情報を暗号化して保存できる「パスワード管理ソフト」一択だ。

アカウント情報と一緒にバックアップコードを入れておけば良いので、1つにまとめることができる。なお、激烈に安全なので不安は一切感じなくていい。

このように利便性も向上する。

ブックマークで自動入力
ログインデモ

プライバシーの設定中に何度もパスワードを要求されて鬱陶しいと思っていたのなら、コピペでも楽チンだ。

メモ欄やバックアップコード、画像を含めた何もかもが暗号化されるので、パスワード管理ソフト・アプリは一度考えよう。

コメント

  1. ねむみ より:

    記事を読ませていただきました。
    質問なのですが、Twitterの「見つけやすさと連絡先」で、
    ・電話番号を登録していない
    ・メアドはそのアカウント取得の為だけに作成した誰にも教えていないgmailメアドを登録
    にしていても、「見つけやすさと連絡先」の3項目にチェックが入っていたらアドレス(電話帳)を知っている人に通知はいっていますか?
    もうチェックを全て外しましたが、気になってます。

    • ぷっぷぷっぷ より:

      ねむみさんの方法はとても理想的で、相手に通知がいくことはありません!
      これは電話番号を登録していない&誰も知らないメアドだからというシンプルな理由です(*´ω`*)
      本当、初期設定でチェックが入っているとびっくりしますよね。LINEしかり……

      今度は友だちを見つけるの「連絡先(アドレス帳)をアップロード」のことですが、
      GoogleやMicrosoftの該当サービスと連携しなくてはいけないので、した覚えがなければチェックが入っていようが大丈夫です!
      もちろん新しいメアドにしたのにみんなが知っている連絡帳をアップしちゃうとバレます(´・ω・`)

  2. ねむみ より:

    ぷっぷさん
    ご返信ありがとうございます!
    ほぼ2ヶ月遅れのお返事ですみません。
    ぷっぷさんの回答で、とても安心しました!最初からTwitter用のgmail を取ったので予防線を張れていたんですね。
    ブログの記事もすごく読みやすくて助かりました!ありがとうございます!

    • ぷっぷぷっぷ より:

      安心の押し売りをしてしまい、申し訳ありませんでした(*´ω`*)

タイトルとURLをコピーしました