【真似して簡単】生IP流出を防ぐSurfsharkVPNの設定

VPN(暗号化通信)
この記事は約6分で読めます。

当記事は商売のように紹介料を得るリンクを採用。記事の出来が悪ければ容赦なく避け、情報だけ頂くといい。

※2年プランは83%割引

端末無制限でシンプルに使えるSurfshark(サーフシャーク)にも、ちゃんと設定がある。

拡張機能はシンプルすぎて紹介しないが、Windows版の設定方法は存在するので、画像付きで翻訳し、「どういった機能なのか」・「ONにしておくべきなのか」という結論の可視化を加速させていく。

まだダウンロード・アカウント作成をしていなければ、以下のSurfshark記事で作成してこよう。

スポンサーリンク

Settings(設定)

Surfsharkを起動させ、右上の「歯車マーク」をクリックすると設定に行ける。

生IPを流出させない「不注意による事故」を減らす機能もあるので、一通りやっておこう。

右上の歯車マークをクリック

Settingsの中身を紹介

オススメ設定早見リスト

急いでいるなら、以下の箇条書きリストでガンガン設定していこう。

  • Connectivity(接続性)
  • Start with Windows「ON」
  • Minimize the app on startup「ON」
  • Auto-connect「ON」
  • Wi-Fiクリック → Unknown Wi-Fi networksを「Always protect」
  • Notifications(通知)
  • Status notifications「ON」
  • Security(セキュリティ)
  • Kill switch「ON」
  • CleanWeb「OFF」
  • Split tunneling「OFF」(要設定)
  • Advanced(上級)
  • Default OpenVPN protocol「UDP」
  • Crash reports「Surfsharkに貢献したくないならOFF」

何かおかしな現象になってから、もう一度この記事で確認しにこよう。

上記リストは設定方法だけなので、MultiHop(マルチホップ:二重VPN)が気になるなら一気に飛んでみよう。

Connectivity(接続性)

接続・起動関係の設定をすることができる。

Start with Windows(自動起動)

推奨設定「ON」

Windowsが起動したと同時にSurfsharkを起動する機能。

後述するMinimize the app on startup(最小化のまま起動)とAuto-connect(自動接続)はこの機能と同時使用することで、「Windows起動時Surfsharkを起動してVPN接続し、目立たないように最小化される」状態にできる。

Minimize the app on startup(最小化のまま起動)

推奨設定「ON」

Start with Windows(自動起動)をONにした状態だと、最小化のまま起動してくれて便利。

Auto-connect(自動接続)

推奨設定「ON」

Start with Windows(自動起動)と一緒に使うことで、Windows起動時にVPN接続までやってくれる。

ONにすると国を選択することができるが、もともと自動で物理的に近いサーバーが選択されてしまうためJapanにする必要はない。

何かの拍子に他国になるようなら、Japanにしておこう。

これにより、「VPN接続するのを忘れた!」なんて事故が減る。

Wi-Fi(未知のWi-Fiをどうするか)

推奨設定「Always protect」

Wi-Fi接続時の挙動を、

  • Ask(たずねる)
  • Always protect(常に保護)
  • Never protect(決して保護しない)

のどれかにすることができる。

せっかくVPNを使っているので、とりあえず「常に保護」にしておけば問題ないだろう。

Notifications(通知)

右下にでる通知を出現させるかどうかを設定できる。

Surfsharkの通知
こんなの

Status notifications(ステータス通知)

推奨設定「ON」

鬱陶しくなってから切れば良い。

Security(セキュリティ)

比較的重要な機能が豊富なので、とりあえずしておこう。

Kill switch(緊急停止装置)

推奨設定「ON」

VPNのIPではなく自分のIP、通称生IPを防いでくれる機能。

「何らかの原因で切断」されても強制的にオフラインにすることで、生IP流出の事故から守ってくれる。

これによりサーバーを切り替えたり、スリープや起動時にいきなりブラウザを起動してしまっても、オフラインなので安心できる。

Surfsharkが起動していなくてもこのオフラインが発動」するため、必ずStart with Windows(自動起動)Auto-connect(自動接続)と一緒に使うことを勧める。

そうしなければ、パソコンを起動してもずっとオフラインになってしまうぞ!

念を押すが、オフラインの原因はこの機能を疑うように。

CleanWeb(セキュリティ向上)

推奨設定「OFF」

サーバーの方でマルウェア(ウイルス)・追跡機能・広告を除外してくれる機能。

パソコン界では今更すぎる機能ではあるが、スマホだと話は別だ。

Chromeで広告ブロックを使えるようになり、わざわざ他のブラウザを使う必要がなくなる。Googleガチ勢に激しくオススメ。

当然表示系をいじくっているわけなので、「なんだか表示がおかしいぞ?」という場合は真っ先に疑い、無効化すること。

追記:2019年4月24日

Androidの場合は、Google Playストアが他のアプリの広告ブロックを許可していないため、多少面倒だが公式サイトからダウンロードする必要があると思われる。

参考CleanWebを機能させる方法

Split tunneling(選択したアプリをVPNから除外)

推奨設定「OFF」

おそらく以下の目的で使われる機能。

  1. ゲームなど、VPNを通す必要がなく、通信速度低下を避けたい
  2. 不調をきたすアプリを除外したい
  3. VPN接続中にSNSなどにログインする際、今までログインしていたIPと紐付けられて、SNS側にバレてしまうのを防止?

ゲームは真っ先に付けても良さそうだが、外国からアクセスする場合は除外する必要なし。

基本的には回線がプチプチ切断されたり不調をきたしてから除外してみるといいだろう。

ONにすると「Select applications(アプリケーションの選択)」が出現するので、クリックして除外するものを選択。

除外したいアプリを選択

Advanced(上級)

上級らしい機能を紹介。

Default OpenVPN protocol(通信の約束事)

推奨設定「UDP」

Google ChromeがQUICプロトコルという高速化技術を使っているのだが、UDPでないと発動しないかもしれないのでUDP推奨。

QUICプロトコルの件の裏を取っていないため、正確かどうかはわからない。

Crash reports(異常報告)

推奨設定「ON」

匿名の状態でクラッシュ、いわゆる異常をSurfsharkに送る機能。

匿名なので一切気にせず、Surfsharkを成長させるためにもONにしてあげよう。

スポンサーリンク

MultiHop(二重VPN)

速度を犠牲にしてセキュリティを激烈に高める、いわゆる革命家が使うであろう機能。

Connectの下をクリック

MultiHopをクリック

MultiHopサーバーが出現

一度使ってみるとわかるが、2カ国のサーバーを経由するため常時使えたものではないとわかるだろう。一時的に使うもののようだ。

他のVPNサービスでもそうだが、日本サーバーを経由しないためより一層遅い。

スポンサーリンク

スマホで使おう

パソコン版の設定が終わったら、端末無制限を豪快に使うためにもなんとなくしておこう。

比較的どうでもいい端末にも使わせておき、裏ワザで家族に広めたらほぼ任務完了だ。

※2年プランは83%割引

コメント

  1. 匿名 より:

    タメ口なのやめてくれ
    文章読むのいらいらする

    • ぷっぷ ぷっぷ より:

      人によるからやだ!
      追記:もしかしてこの記事ではなく、他の記事のことですか?
      この記事は設定のことしか書かれてないし、自分自身だとどこがタメ口かわからないようなので、どこの部分なのかを指摘していただけると助かります(゚~゚o)

タイトルとURLをコピーしました