【S】クラウド暗号化ソフトBoxcryptorの設定

Boxcryptorの設定セキュリティソフト・アプリ
この記事は約7分で読めます。

この記事はクラウドを強制的に暗号化させるソフト、Boxcryptor(ボックスクリプター)の「2段階認証設定」と「Settings(設定)」項目を紹介する。

一般的な使い方やダウンロードは以下の記事参照。

スポンサーリンク

セキュリティを高める

2段階認証は近年急激に増えており、非常に強力な簡単にできるセキュリティアップ行事なので、義務だと思ってやろう。

2段階認証設定

マイアカウント画面で設定するので、公式サイトでログインをする。

「Security(セキュリティ)」項目の「Two-Factor Authentication(2段階認証)」→「Authenticator app(認証アプリ)」をクリック。

2段階認証の設定する場所

「QRコード」を2段階認証アプリで読み取り→「Secret Key(シークレットキー:秘密鍵)」を安全な場所に保存→2段階認証アプリに表示された「6桁の数字」を入れる→「SUBMIT(提出)」。

Googleの2段階認証アプリは非常に使いづらいので、インストールしていなければ【S】将来を考えたおすすめ2段階認証アプリ2選の記事を参照しよう。
2段階認証設定

「Authenticator app」が「Enabled」になっていれば有効中だ。

アプリ有効中と英語で書いてある

「Secret Key(秘密鍵)」は2段階認証アプリ入り端末が故障や紛失したときの、新しい端末へ2段階認証を切り替えるときに使用する。

「Secret Key(秘密鍵)」を保存する場所に悩んだ場合は、【SSS】将来を考えたパスワード管理ソフト・アプリの選択をし、暗号化された都合の良い場所を確保すると良い。
スポンサーリンク

Settings(設定)

自分のデスクトップ画面右下にあるシステムトレイ(タスクトレイ)か、すべてのBoxcryptor関連右クリックに「Settings(セッティング:設定)」があり、クリックすると色々な設定が可能。

基本はシステムトレイから進もう!

システムトレイのBoxcryptorを右クリック
Settingsのタブを紹介

Locations(場所)

Boxcryptorでサポートされていないクラウドや、ローカルのフォルダで使いたい場合は「Add」を押して追加する。有料プランはすべての場所が同時に使用可能だ。

Boxcryptor経由のクラウドを選択するで紹介したので、そちらを参照しよう。

Groups(グループ)

グループの設定

これは団体で使うものなので、ビジネスプラン以降しか使えない。無料の少人数は後ほど。

別々のアカウントでファイルを共有したり、他のユーザーグループとファイルを共有できる。詳しい話は公式サイトのヘルプを参照しよう。

参照Share Access to Files | Windows

少人数で共有する

この機能は「1つ」のフォルダ・ファイルごとに設定をつけられる。

なので、1つのフォルダを共有設定すれば、中のファイルにいちいち権限を与える必要がなくなり、簡単に共有できてオススメ!

使用する前に、利用しているクラウドの共有設定を確認しよう。

テキストファイルで試してみたら問題が発生。バグでフォルダに入れたテキストファイルがスペースに置き換わるようなので、一度入れたファイルを上書き保存して同期しよう(他に同期の方法があればそちらを試そう)。上書き保存を受け取り側がしてしまうとスペースで上書きされてしまうので要注意!

では共有手順の説明。

暗号化されたフォルダ・ファイルを「右クリック」→「Boxcryptor」→「Manage permissions(権限の管理)」へ進む。

Manage permissionsへ進む

「Add User(ユーザーの追加)」をクリック。

「Add Group(グループの追加)」は先程紹介したビジネスプラン以降の機能なので、ここでは無視する。

権限の管理設定

共有する相手のBoxcryptorアカウントメールアドレスを入力。

ユーザーの追加

追加したあとは「Apply(適用)」をクリックしてから隣の「Close(閉じる)」。

追加したユーザーを適用

くれぐれもバグに注意して上手く使おう。

共有相手の削除は「Remove」。削除された相手はきちんとファイルが閲覧できなくなっているので安心だ。

共有ユーザーの削除

Security(セキュリティ)

PC起動時にパスワードかPINを強制

共有PC(パソコン)などの誰でもアクセスできる環境は、PCを立ち上げるだけで簡単にファイルを抜き取られてしまう。

通常は戸締まりやPC側で立ち上げ時に生体認証・パスワード・PINのログインを強制すれば、そもそもBoxcryptorにたどり着けないので十分だが、BoxcryptorにパスワードかPINを強制することができる。

パスワードはBoxcryptorログインと同じものが使われる。

次の画像の緑点線枠は後で紹介。

セキュリティの設定

PINは「自分お馴染みの数字で使える利点」と「その場限りの素人には効果がある」が、「プロには効果がない」ので割り切って使うものだ。

PINの設定

どちらかにチェックを入れると起動時に次の画面がでる。ちなみに、2段階認証を設定していてもここでは要求されない。

起動時入力画面
誰かが触れる状態の離席は、Windowsキー + Lでこまめにロックしよう。ロック画面から復帰=起動時ではないので、パスワード・PINの要求はされないぞ。

ファイル名を暗号化する(有料)

フォルダ名とファイル名を暗号化することができ、盗まれたときに犯人が「重要なファイル」か「どうでもいいデータ」の区別がつかなくなる。

緑点線枠の「ファイル名の暗号化を有効にする」にチェック。

セキュリティの設定
注意:特殊なケース

USBドライブまたは外付けハードドライブを介して暗号化されたファイルを共有する場合は、移動させる前に公式サイトの「6番目の章」を確認しよう。

参照Boxcryptor Best Practices

英語の解釈に不安があるので、このケースは警戒しておこう。

Account(アカウント)

名前・苗字・メールアドレス・パスワードの変更ができるが、公式サイトでも可能だ。

匿名のデータで支援する設定だけはインストールか、ここにしかない。プランの変更は公式サイトでしよう。

アカウントの設定

Advanced(高度)

何もしなければ2つともチェックが入っている。

「Check for updates(アップデートを確認)」は自動でお知らせしてくれる。

『アップデートの確認』の章で後ほど紹介し、チェックを外す意味がないので付けておこう。

高度の設定
スポンサーリンク

付属機能

ファイル共有のWhisply

クラウド3強のGoogle Drive・Dropbox・OneDriveのみで使えるファイル共有機能で、相手がBoxcryptorを使っていなくても使える。

よく確認していないが、Web版のWhisplyもあり、こちらは共有ではなく転送なので、Boxcryptorアカウントは不要のようだ。

仕様としては、共有したいファイルを作成→Whisplyで作成したURLを相手に教える→ファイルの更新がある度にURLのダウンロードも自動で同期される流れ。一言で言えば、URL型一方通行単品ファイル共有

共有ではなくファイルの転送は、簡単なこちらがオススメ。

スポンサーリンク

アップデートの確認

気がついたら確認しよう。目安として1ヶ月以上経過+不安を感じたら確認だ。

通常は起動時に「Update」ウィンドウが出現し、アップデートを促される。

起動時にアップデートを促される
古い状態は欠陥の修正が放置され、有名クラウド側の原因でBoxcryptorが使えなくなることがある。アップデートで暗号化したファイルの暗号が勝手に変更されるワケがないので、不安がらずにアップデートを推奨。

手動でアップデートの確認をする場合は、「システムトレイのBoxcryptorアイコンを右クリック」→「About」へ進む。

よく使う「Settingsの下にある」と覚えよう。

Aboutの場所

アップデートの確認

クリックするとゲージが増えて、不安を煽るユーザーアカウント制御がでるので「はい」を選択。

UACダイアログ

アップデートをする

ちょっと待つとエクスプローラーを終了してくださいと出るので、赤枠の「アプリを再起動させて正常に終わらせる」をクリック。

いったんアプリを再起動し、アップデートを完了させる

インストール時と同じく暗転するが正常で、アップデートは終わりだ。

スポンサーリンク

スマートフォンやタブレットで使う

パソコン版を使いこなしたら、スマホアプリにも手を出してみよう。外出先で閲覧できるようになり、より一層使いこなせる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました