危険と言ったのは誰だ!GoogleChromeでパスワード管理

Webサービス

「危険なイメージを印象付けた、適当な記事」の乱立ばかり目立つが、Google Chrome(クローム)のパスワード管理機能は安全であり、最低限の機能は揃っている

危険なイメージとは「パスワードを平文で閲覧できる」という部分で、接触を許す共有パソコンは事実上やりたい放題できるし、不正アクセスされてChromeから情報が漏れる前提もなんでもありとなっており、そんなものはChrome以前の問題である。

当サイトは強力なパスワード管理ソフトを紹介している「自称ガチ勢」のサイトのため、どれほどChromeのパスワード管理が優秀なのかも、客観的に述べることが可能だ。

だが、「安全だが使いにくい」ため、結局は専用のソフトを勧める。

スポンサーリンク

自動入力がスムーズ

URLを開くと、「拡張機能やソフトなし」で自動入力される。

ぷっぷ
ぷっぷ

自動入力というより、最初から入っている感じ。

ブラウザはソフトとしてカウントに入れないため、誰がどう見てもメリットであり、自動入力の究極の形ではないだろうか。

スポンサーリンク

パスワードを保存できるようにする

設定されているかだけ確認しておこう。以下の方法のどれかでパスワード設定項目に移動。

  • 「chrome://settings/passwords」とアドレスバーに入れてEnter(エンター:決定)
  • Chrome右上の「⋮」→「設定」→「パスワード」
  • Chrome右上の「アイコン」→「パスワード」
  • Googleアカウント(ログイン必須)
アイコンからパスワードへ移動

「パスワードを保存できるようにする」と「自動ログイン」のトグルをクリックし、右に移動させたらとりあえずは保存できるようになる。

パスワードを保存できるようにする

カーソルを合わせるとパスワード生成してくれる

ChromeとGoogleアカウントを同期しなければパスワード生成は発動しないため、先に同期しよう。別にこの生成機能を使わなくても、LastPassノートンの方で作成できるぞ。ちなみに、どちらもhttps暗号化通信となっている。
アイコンをクリックしてGoogleにログイン

パソコン版のみだが、パスワード入力欄にカーソルを合わせると、「提案されたパスワード」が自動作成される(15桁)。

場所により出現しないので、基本は右クリックの一番上にある「パスワードを生成」をクリック。

提案されたパスワードを押す
右クリックしてパスワードを生成

パスワード強度がギリギリ保たれる最低桁数が12桁、あきらかに強力なのが18桁以上という感覚のため、オススメされた15桁のパスワードはそのまま使って構わない。

Googleに提案されたパスワードが怖いなら、このパスワード管理機能を使う時点で間違えているため、本当にそのまま使おう!

既存のパスワード追加はサービスにログインするだけ

ただの追加でも同じだが、サービスにログインすると「パスワードを保存しますか?」と出る。

この表示が消えてしまった場合は、「アドレスバー右」の鍵マークをクリックすると再度出現させることができ、万が一消しても安心だ。

パスワードを保存、またはユーザー名編集

ユーザー名に別のものが入力されていた場合は、このタイミングで変更しておこう。あとで変更できないぞ!

ユーザー名・パスワード変更

なぜか後から編集できないので、

  1. 該当サービスで新しい情報を登録
  2. 該当サービスにログインして保存
  3. 過去のアカウント情報を消す

といった方法で変更することになる。

面倒なのがユーザー名・メールアドレス・パスワード変更時に入力欄が1つしかない場合だ。

仕様上「1つの画面にパスワード項目が1つしかなかった」場合、ユーザー名・メールアドレスの欄が空欄のパスワードが保存されてしまう。

となると、次のようにパスワードを登録してからユーザー名を追加していくしかない。

  1. 該当サービスのパスワード変更で新しいパスワードを登録
  2. ユーザー名・メールアドレス欄が空欄のパスワードが登録される
  3. パスワード変更したサービスにログインし、空欄にユーザー名を入力
  4. ユーザー名・メールアドレスが空欄のパスワードと旧パスワードを削除
パスワードを保存、またはユーザー名編集
このタイミングでユーザー名を追加しよう
スポンサーリンク

やってはいけないこと

Chromeの機能だけではなく、すべてのパスワード管理ソフトに言えることなので、覚えておいて損はないだろう。

主に「危険」と紹介されているのが、「パスワードを平文で閲覧できてしまう」という部分だ。

一応、以下の方法で開ける「パスワード設定」での閲覧は、Windows起動時のパスワードを入れないと閲覧できないようにはなっている。

  • 「chrome://settings/passwords」とアドレスバーに入れてEnter(エンター:決定)
  • Chrome右上の「⋮」→「設定」→「パスワード」
  • Chrome右上の「アイコン」→「パスワード」
  • Googleアカウントでのパスワード変更のみGoogleアカウントパスワードで閲覧可能
WindowsにPIN・パスワードを設定していないなら以下の表示はでない。その場合は簡単に閲覧できてしまうが、共有パソコンでなければ問題なし。
パスワードの閲覧はWindowsのパスワードが必要

設定からは確認できないため、非常に安全となっている。

ただ、やり方は教えないが「私でも5秒ごとに1つのパスワードを確認できる」ため、誰かと一緒に使う共有パソコンや、一時的に貸す行為などはやめておこう。

この部分をよく危険と言われているが、そもそも共有パソコンなのに「個人のパスワードを保存する行為がおかしい使い方」で、正確にはChromeが危険なのではなく、「パソコンの使い方を間違えている」だけ。

基本的に「マルウェア(ウイルス)を仕込んだUSBメモリをパソコンに挿すだけ」・「盗む」という作戦がまかり通る共有状態は、何をしても防げない。

フィッシング対策を求めない

フィッシング(偽サイト)対策をブラウザである程度してくれているが、すべては防げない。

パスワード管理ソフトは「その名の通りの役目」だけでやることは終わっており、それ以上はアンチウイルスソフト(セキュリティソフト)、セキュリティ意識向上の経験値を高めるべきだ。

パスワードは変更しない

変更する派と変更しない派が一定数存在するのだが、私はしない派だ。

変更するたびにフィッシング詐欺抽選が増えてしまうし、そもそも流出したかわからないのに変更とは、かなり一方的かつ適当な注意喚起である。

企業から流出したかどうかわからない段階のためだけに「期限付きで変更する」ルール自体がおかしい。

要するに、企業が報告するまでの間に定期的に変更しておけば運が良ければ助かりますと言いたいのだろうか? どのみち助かっていない期間が一瞬でも存在しているので、被害を回避すること自体が不可能。

ヘビーな方は100アカウント情報くらい平気で持っているので、非現実的なパスワード変更は無視推奨だ。

もしかしたら、ただの「パスワード使い回し」の人に向けたお手軽注意喚起なだけかもしれない。

といっても、「パスワード桁数が15桁では危険な時代」になった場合は変更推奨。

スポンサーリンク

エクスポート(書き出し)またはバックアップ

他のパスワード管理ソフトに移動したかったり、バックアップのためにエクスポートしたいなら、以下の記事を参考にしよう。

スポンサーリンク

Googleアカウントを過剰に守ろう

パスワードまで管理してしまった以上、2段階認証は必須だ。

別の言い方も述べておくが、「2段階認証を設定しないなら、Chromeでのパスワード管理は禁止」。

さらにはパスワード管理ソフトでいう、マスターパスワードのような役割をアカウントに持たせるために、強度を上げることを勧める。

コメント

  1. 匿名 より:

    titan Mがついたpixel3を使っています。
    グーグル謹製アプリのみで揃えているのですが、アプリを無効化した場合はそのアプリが更新できなくなると思います。これはセキュリティ的には大丈夫なのでしょうか?Android OSを更新すると、G suitsが毎回無効化されます。

    もうひとつグーグル2段階認証アプリですが、Chrome OSの端末などでもアプリを入れ、同時に認証しておけば、バックアップコードは不要と考えて良いのでしょうか。

    • ぷっぷ ぷっぷ より:

      WindowsのTPMみたいなものがPixelに付いているなんて、将来真っ先に検討しよう(*´ω`*)(つまり初耳)
      OS更新によりG Suiteが無効化される原因はわかりませんが(パッと見バグ?というよりG Suiteアプリが見つからない……)、アプリは基本使わなければ削除推奨です。

      ただ、私はアプリに詳しいわけではないので別の例えで表現すると、当サイトで使用しているアプリを使わずに停止したままで放置した結果、脆弱性(弱点)が存在して狙われる恐れがあるという記事がちらほら存在するので、
      それをアプリに適用するなら「無効化=基本削除」を徹底するのが無難になります。
      結論が甘い答えでごめんなさい。
      そして、G Suiteを使わないという選択肢は「ない」と思います。多少は許されるはず!便利だし!

      G suitsが毎回無効化されます。

      あれ、でも毎回無効化されるんじゃ実質使えない気もする・・・それだと正常に使えるまで放置か削除しかないかも(´・ω・`)

      次に2段階認証アプリですが、複数端末(2つ以上)に入れるのはアリかつ実質バックアップコード不要で間違いない……と言いたいところですが、わかりにくい弱点があります。
      「家が燃えたケース」で全端末やられ、バックアップコードがない!だと詰む(゚~゚o)
      全消滅の可能性は同時所持(窃盗など)と火事なので、その2つを避けられるのであれば2端末アプリでOKですが、それが無理ならクラウドにバックアップコードは欲しい!
      クラウドっていってもクラウドストレージ(おそらくアカウント情報思い出せなくて詰む?)でもいいし、パスワード管理ソフトのクラウド型でもOKです。
      この場合Webからログインという限定で使えば、
      マスターパスワードだけを覚えて火事 → bitwardenにログイン → バックアップコード入手 といった使い方でアプリを使わないのでGoogle謹製アプリで揃える状況を守りつつ万能です。

      すごいこのサイト、想定しづらいところまでちゃんとフォローするの偉い。
      いいな~Googleで揃えるの(*´ω`*) ベンダーロックインは悪じゃないもんね~