Chromeのパスワードをエクスポートして移動・バックアップ

Chromeのパスワードをエクスポート Webサービス
この記事は約2分で読めます。

.csvファイルとしてエクスポート(書き出し)すれば、他のパスワード管理ソフトに乗り換えたり、バックアップすることができる。

バックアップとしてエクスポートするなら、「信頼できるやりすぎな暗号化ソフト」も紹介するので参考にされたし。

スポンサーリンク

エクスポート(書き出し)手順

  • 「chrome://settings/passwords」とアドレスバーに入れてEnter(エンター:決定)
  • ブラウザ右上の「⋮」→「設定」→「パスワード」
  • Chrome右上にある「アイコン」→「パスワード」
アイコンからパスワードへ移動

同期していなくても抽出できたので、とりあえずはパスワード設定まで進もう。

エクスポートまで進む
エクスポートする

エクスポートを押すと、Windows起動時にロックをかけている方は「PINまたはパスワードを入力してね」と言われるので、入力しよう。

よくわからなければ、すべての項目に起動時のPINまたはパスワードを入力して試そう。

Windowsの起動パスワードを入れる

あとは「Chrome パスワード(.csv)」をどこに保存するか選択できるので、自分の保存したい場所に保存するだけ(初期設定はドキュメントのはず)。

スポンサーリンク

バックアップにオススメな暗号化ソフト

csvファイルのままは暗号化されていないためモロ見えだ。

  • クラウドストレージの信頼度を強制的に無視できるクラウド暗号化ソフト
  • USBメモリやHDDそのものを丸ごと暗号化するソフト
  • 暗号化領域を作成してそこにポイポイ入れるだけのソフト

が無料で存在するので、是非使ってみると良い。

スポンサーリンク

乗り換え先ならbitwarden

bitwardenとは、新興勢力の無料で使えるパスワード管理ソフトのことで、利便性と一番重要なオープンソースをたずさえたとんでもソフト。オープンソースはソフトの中身を誰でも確認できるため、不正を仕込めず激烈に安全

csvファイルをbitwardenにインポート(読み込み)させるだけで、簡単に乗り換えができる。

当然ながらbitwardenのアカウントは必要なので、先に作成しよう。

上記記事の最後の方にある「bitwardenのバックアップ・エクスポート方法」の記事からChromeのパスワードをインポートするのだが、迷いそうなので以下のリンクも置いておく。

参考バックアップファイルをインポート(読み込み)

コメント

タイトルとURLをコピーしました