【情強】チート価格で生産性向上ツールを生涯使える!?AppSumo

知らなきゃ大損Webサービス
この記事は約17分で読めます。

当記事は商売のように紹介料を得るリンクを採用。記事の出来が悪ければ容赦なく避け、情報だけ頂くといい。

以下のツールがもし49ドル前後の一度だけの支払い……つまり買い切りで手に入ったら、あなたは発狂するだろうか。

  • 自分と相手強制ノイズキャンセル
  • ファイル共有クラウド 5TB
  • 絵をコード化してWeb・アプリ作成
  • バックリンク・キーワード調査
  • パスワード管理ソフト ビジネスプラン
  • チームタスク管理
  • 広告の感情分析
  • SNS追跡・監視
  • WordPress
    • 総合セキュリティプラグイン
    • 画像CDNプラグイン
    • 予約受け付け・支払い
    • テーマ
    • Elementorアドオン
※サービス名は後述。
誰向け?
  • 生産性向上目的
  • Zapier・Slack・G Suiteなど連携大好き
  • 節約家
  • Webサイト代理店・関係者
  • SEO分析大好き
  • 開発者
  • チームなど少人数ビジネス
  • スタートアップ
  • メールマーケティング
  • オンラインセミナー
  • 新ビジネス検討中・拡張
  • ビジネス関係セキュリティ
  • フリーランサー

ここから先は「知らなきゃ大損」を思い知らされる。

要チェック!
自動画像サイズ最適化・圧縮・WebPをCDN配信!
スポンサーリンク

AppSumoとは

AppSumo

スタートアップ(新興企業)などからビジネスを成長させるツールを、クレイジーな法外価格で提供するサイト。

9割型ライフタイムディール(LTD)、つまり生涯プラン(買い切り)が普通に売っている。中には無料・1年限定プランもあるのでLifetimeの文字は確認しよう。

値段も49ドル(約5,390円)が一般的、といいつつ39~79ドルくらいもソコソコある。

商品名や値段を確認できる

やっていることはほぼ投資(自分への投資含む)となっており、利用者はただサービスを買うだけで利用もしやすい。

クラウドファンディングのように未販売状態ではないし、理由に関係なく60日間返金保証でPayPalなら秒で戻ってくるため、似たツールが出た際に乗り換えの荒業も可能なのがデジタルの強み。

双方の利点:Win-Win
  • ビジネス側:企業・新ビジネスのためとにかく資金がほしいので格安提供
    • ダメなところを指摘してもらう(弱点減らし)・いわゆるβテスト
  • 利用者側:頭のおかしい価格で最先端ツールを購入
    • 発展途上なので自分の利益になるようなことを言えば、どんどん製品が良くなる

ちなみに、SUMOとは相撲のことなのに日本では無名、そして、ABOUTページにエドモンド本田の部屋写真がある(大マジ)。

スポンサーリンク

現在と過去出現したクレイジーツール一覧

生産性向上
  • Krisp:自分と相手強制ノイズキャンセル・39ドル
  • Droplr:5TBファイル共有クラウド・39ドル
  • Yotako:絵をコード化してWeb・モバイルアプリ作成・49ドル
  • RelayThat:画像編集・49ドル
  • InVideo:動画編集・49ドル
  • Marvin:Toggle系心理学タスク管理・1年無料
  • Book Like a Boss:有料会議・予約・販売・49ドル
  • Qlearly:ブックマーク整理ブラウザ拡張・Plus限定無料
  • Ora:チーム向け時間追跡付きタスク管理・39ドル
  • RoboForm:パスワード管理ソフトビジネスプラン・49ドル
マーケティング
  • Endorsal:FacebookやGoogle My Businessとレビュー同期・Webサイトに表示・自動レビュー依頼・49ドル
  • Adduco 廃業:顧客ペルソナ(感情)視覚化・79ドル
  • BrandMentions:WebやSNSの発言を追跡・49ドル
  • SocialBook Builder:You Tube競合追跡・比較・タグ推奨・49ドル
  • LiveAgent:ライブチャット・チケット・ヘルプ付きサポートツール・59ドル
  • ResponseSuite:クイズ・調査・アンケート収集・59ドル
  • LiveWebinar:ウェブセミナーなど配信・ファイル共有・99ドル
  • Alli AI・ランク追跡・AIアウトリーチ指摘・49ドル
Webサイト運営
  • WebARX:PHP系総合セキュリティ・49ドル
  • ShortPixel:端末により自動適正画像・39ドル
  • Depositphotos:有料画像100枚・49ドル
  • SE Ranking:3日毎キーワードランキング・バックリンク5000監視・競合SEO・PPC調査・49ドル
  • 10Web:GCPマネージドホスティング・69ドル(年)
  • Brizy:React・Amazon EC2 + ロードバランサーホスティング・49ドル
  • Tribe:コミュニティプラットフォーム:69ドル
  • WishList:支払い対応WordPress会員サイト作成・49ドル
  • Essential Addons:Elementor拡張・39ドル
などなど……

翻訳ミスの可能性もあるため、詳細はAppSumoで確認。なお、名称をAppSumoでSearch(検索)すると2017年ものまでは出てくる。

どれも尋常じゃないが、Krisp(ZoomなどWeb会議向け・Skypeなどでも可能)・Yotako(ボタンの絵を書くとボタンができる)・Endorsal・WebARX・SE Ranking・Brizy(Amazonのサーバーなのに買い切り)は特にヤバい。

「AppSumoスゲー!」と思った方はEndorsalを試しに使い、「この次元が買い切りって本当?」とドン引きするといい。

デザインオシャレすぎ!

レビューを残すと以下のように速攻表示される。

※表示されないなら簡易やりすぎセキュリティ滞在(AMP)なので、真のやりすぎセキュリティに飛ぼう。

Endorsalは実店舗持ち(Google マイビジネス・Facebookページ・いずれ食べログを食べるYelp)の方に最適なのだが、持っていないのでやりすぎセキュリティの評価を表示させる目的で使用。

※ツール紹介はこれでも省いた。やっている製品は公式で検索
自動画像サイズ最適化・圧縮・WebPをCDN配信!

というわけで、年に200ドル(約22,000円)~1,000ドル(約110,000円)レベルとかかるものがほとんど買い切りで使えてしまい意味がわからないぞAppSumo!

しかも、複数購入して拡張できるものもある。

急に「新ビジネスできそう!」とニヤニヤしたあなたは間違いなくAppSumo中毒に陥るので、購入ごと10%引きされるPlus(プラス)に入るといい。

かわいい
かわいい

ワクワクとニヤニヤがヤバーい

また、AppSumo掲載中のツールは私もリアルタイムで把握しているため、詳細はコメント欄か先程書いたTribeのコミュニティプラットホームでドシドシ聞いて構わない。

※このレベルが69ドル。実験中なので適当に使ってOK
ぷっぷ
ぷっぷ

英語なので「どんなツールなのか」・「なんでこのツール人気なの?」と聞いておけば、お宝ツールを見逃すことはなくなるはず∩(・∀・∩

やりすぎセキュリティが購入したドン引きツール

購入しただけのもの(未来用)
  • Copywritely:文章構成・コピペチェック・ヒント(英語)
  • Krisp:ノイズキャンセルは買収されそう?
  • Qlearly:無料だったので確保
お蔵入り
  • ShortPixel:画像圧縮のみ1つ・29ドル
  • ShortPixel:CDN自動画像・サイズ最適化(Adaptive Image)やWebp対応5つ(月6万最適化可能)・195ドル
  • Adduco:リスティング分析で使うかも(アドエビスのような)・一年経たずに廃業

  • WebARX:総合セキュリティプラグイン バックアップ付き・最初期なので49ドル格安入手
  • Depositphotos:日本でも使っている人がいるのに画像100枚49ドル格安入手(著作権もパス)
  • AllI AI:ほぼ週1キーワードランク追跡として使用
  • LiveAgent:チャットはしないので、やりすぎヘルプのみ使用中。デザインが古臭いと突っ込まれているので新UI希望
  • HelpShelf:この記事左下にあるピンクのヤツがコレで、連携させて分析もでき、貴重なページ毎FAQ項目指定
  • RelayThat:Canvaほどではない画像編集ツールだが、被り防止目的で助かる
  • Marvin:1年無料だが生産性大幅アップのため期間終了時に生涯プラン購入予定
  • ResponseSuite:製品購入の迷いを消すクイズ作成目的で購入。早速次で実演する
  • TrulyWP:Google Cloud Platform・Kubernetes・マネージドホスティング・サーバーキャッシュと画像最適化付きのためShortPixelがお蔵入りに…… なお1年契約
  • Tribe:記事と関係のないセキュリティ質問・人生相談・WordPressプラグイン用コミュニティプラットフォーム計画
  • Endorsal:この記事左下に出てくる評価レビューやレビュー書きますページがコレ
  • Hexometer:無料のUptime Robotと監視は被っているが、突如終わられても困る+ロードマップ期待
  • BrandMentions:念願のリアルタイム通知らしい。やりすぎセキュリティの悪口を言っていても、すぐにぷっぷが湧くように
  • Droplr:コメント欄で画像アップ(アカウント不要Gyazoみたいな)。注釈も可能やりすぎストレージ脅威の5TB

などなど……

かわいい
かわいい

ズルじゃん。

お試しでResponseSuite適用中

※表示されない方は真のやりすぎセキュリティへ飛ぼう。

集計結果は以下参照(別タブでの開き方がわからなかった)。

参考ズルいぷっぷ集計結果

というわけで、やりすぎセキュリティは個人サイトなのに、Google Cloud Platform(シンガポール)・Kubernetesフルマネージドで運営されているとんでもないWebサイトである。

しかもステージング(即席テスト環境)+バックアップ+CDN付き。

ぷっぷ
ぷっぷ

CloudflareバイパスだからIP確認させないけど、GCPシンガポールでもブラウザキャッシュで爆速だよー∩(・∀・∩

現在は最初の見る範囲優先表示なのでせいぜい0.2秒。
やりすぎ破損事件:復旧済:2020年4月20日

シンガポールの一部というより私のサイトだけ?破損し、管理パネルの自動バックアップ消失(裏にはあった模様)・3日間サーバーダウン・復活したと思ったら絶望のパーマリンク全記事変更という、マネージドじゃなければ詰んでいた事件発生。このことから、サーバー関係を英語がわからないのに即決で購入するのは非推奨に。

ぷっぷ
ぷっぷ

「破損してたから」という理由でバックアップ全部消したのも許さないし、まったく進捗状況教えてくれないから不安でしかたなかったのも許しません(;`O´)o

スポンサーリンク

AppSumoアカウント作成

支払い途中に作成することもできるため、その時でいいなら「どうせハマるならAppSumo Plus加入(購入毎10%引き)」まで読み飛ばそう。

AppSumoへ飛び、右上にある「LOGIN(ログイン)」→ サインインではなく「sign up(サインアップ)」へ進む。

ログインからSign Upへ

後はメールアドレスとパスワードを入力して「Sign Up」するだけ。

アカウント情報を入力

ログインした状態だが、「登録したメールアドレス宛に来た記載されているURLをクリック」して確認しておこう。

Hello from AppSumo!(こんにちは!)

Please confirm your email address by clicking(URLをクリックしてメールアドレスを確認してください)

もしかしたら初回購入限定10%引きのクーポンが届くかもしれないので、AppSumoから「10%」の文字が入ったメールは翻訳して中身を確認すべし。

どうせハマるならAppSumo Plus加入(購入毎10%引き)

【悲報】Plusに日本のカードは使えない:2020年10月21日追記

2019年までは日本のクレジットカードやPayPalが使えたのを私自身確認していたのだが、PayPalは年契約できないので廃止(通常の購入は可能)、私の手元にあるクレジット・デビットカード両方とも決済できない。問い合わせしたが解決するにはカード会社にどうにかしてもらうしかなく、その方向もNGだったためおそらくすべてが使えない。一縷の望みをかけて試しにやってみるといいだろう。なお、楽天カードは使えない。

  • 年99ドルかかるが、商品購入毎に自動で10%割引=年に1,000ドル使うなら元が取れる
  • AppSumo Plus(プラス)限定で取引期間延長早期アクセス・戻ってくるツールの購入※1
  • KingSumo Giveaways Proが使える※2
  • Plusは当然返金不可(10%割引を受けて返金というのはできない)
  • レビューをすると名前右にPLUS MEMBERタグが付く

となっている(99ドル=10,890円・1,000ドル=11万円:1ドル110円計算)。

※1.誰にでも戻ってくる表示がされるので見逃す心配はなく?(一応いつも表示されている)その時加入してもOK。
※2.KingSumoのメーリングリストから登録した製品を送る?ようだが、貰う条件がいつも米国で無意味

私みたいに、ShortPixelを5つも購入してからPlusに入ることのないよう……。

購入・支払い方法

一連の流れ
  • ステップ. 1
    ログインしておく

  • ステップ.2
    購入したい商品を選択

  • ステップ.3
    購入するプランをいくつ買うか選択

    1つしかない場合もあるし、複数購入で拡張

  • ステップ.4
    支払い方法選択

    PayPalとデビット・クレジットカードを選択でき、支払い方法は保存される

AppSumoの商品ページから欲しい物を選び、黄色い「Buy Now(今すぐ購入)」へ。

ログインしてBuy Nowへ

最初からAppSumo Plus購入予定ならPlusから購入へ(例のごとくPlusのみPayPal廃止、なぜか日本のカードは使えないので現状加入できない)。

Join Nowへ
複数購入はページ下部のCodes

カートに移動したら個数を確認して「Proceed to Checkout(チェックアウトに進む)」(間違えても返金でき、ここで個数変更も可能)。

個数を確認してCheckoutへ

アカウント作成をしていないなら「メールアドレス」と「パスワード入力(確認用含め2回)」して作成。

ログインしていないなら「Sign in(サインイン)」に進めばログインできる。

Sign inかアカウントを作成

そうすると「クレジットカード・デビットカード(VISA・Master)」・「PayPal」支払いかを選べ、カード情報を入力しよう(Plusプランと同じく日本のカードは使えない可能性があるため、PayPalを間に挟む覚悟がいる)。

※JCB・AMEX・Discover(Diners)はPayPal経由でいけるはず。

支払い方法を選択
カード情報を入力
保存したらContinue to Order Review(注文確認に進む)へ

黄色のContinue to Order Review(注文確認に進む)を押すと右側の「Summary(概要)」のボタンが変わるので、カードなら注文確定で購入完了、PayPalなら表示が切り替わって日本語になるので、案内通りに支払おう。

注文確定へ
チェックアウト完了

しばらく使って良いもの・何か気になることがあれば創設者・CEOが普通にAppSumoで返答してくれるので、レビューしてみるといい。

Redemption Instructions(購入したものを適用する)

ログインした状態でMY ACCOUNT(マイアカウント)→ MyProducts(マイプロダクト)へ。

マイプロダクトをクリック

購入した製品右側にあるSelect(選択)から「Redemption instructions(引き換え手順)」をクリック。

セレクトから引き換え手順へ

そうするとコードと何やらURLがあると思うが、ちょっと下に「Redemption Instructions(引き換え手順)」が英語で書かれているので、Google翻訳みらい翻訳を駆使して指示に従う。

英語の引き換え手順に従う

大体以下のような事が書かれている。

  1. 上記の引き換えコードの「Copy to Clipboard」をクリックしてコピー
  2. コードの下にある黄色の「Redeem Now(今すぐ利用)」ボタンをクリック
  3. 製品のサイトで先程コピーしたコードを貼り付け
  4. 「Validate(検証)」をクリック
  5. アカウント登録情報を入力(既存のアカウント適用外製品の場合、大体ここで作成)
  6. 「Create my Account(アカウント作成)」をクリック
  7. エンジョイ!

複数購入した場合は同じページにStacking Instructions(積み上げ手順)が書いてある。

  1. 引き換えコードの「Copy to Clipboard」をクリックしてコピー
  2. 製品のサービスにログイン
  3. クーポンを入力できそうなところを探す
  4. コピーしたものを貼り付け
  5. 適用させる
  6. エンジョイ!

同じコードは使えないので、別のコードはAppSumoで確認しよう。

引き換えたら一番右上黄色の「Mark Product as Redeemed(製品を引き換え済みとしてマーク)」のクリックを忘れずに(しないと引き換え済みかわからなくなって面倒)。

Mark Product as Redeemedボタン

情報を扱うアカウントが増えていくため、個人情報保護観点からパスワード管理ソフトの導入は必須である(最後に紹介)。

返金方法

先程の「Redemption instructions(引き換え手順)」下にある「Refund Instructions(払い戻し方法)」の「Initiate Refund(払い戻しを開始)」という黄色いボタンを押すと返金される。

払い戻し・返金保証の詳細

購入した後の覚えておくことまとめ

  • 購入した日から60日以内にコードを使わなければならない
    • コードを購入して放置ではなく、サービス側のアカウントに適用させる必要がある
  • 理由に関係なく60日間返金保証(コード使用済みでも可)
    • デビット・クレジットカードは5から10営業日(祝日など除く)、PayPalなら私は秒で返金された
  • スタック(複数購入)を適用させる方法はサービスによって違うので翻訳必須
ぷっぷ
ぷっぷ

わからなかったらコメント欄かコミュニティに、「英語部分」と「適用のやり方教えて!」だとか書いてもらえれば対応するよ!

スポンサーリンク

注意事項:本当に商売をしているか・潰れたら強制終了

  • ツールはほぼ英語。日本語がいきなり使えるのは希少で、言えばロードマップの投票を開始してくれるかも
    • 特にマーケティング資料や動画は間違いなく翻訳必須
    • 対応していても見えない細かい部分はほぼ英語
  • 海外はAMP(Web高速表示)の人気がなく、機能するかエラー調べ必須
  • 売り切れ前は個数か時間カウントダウン表示が出る
  • AppSumoに何度も戻ってくる=実は正規価格?の疑い
  • 何年やっている会社なのかなど、潰れる可能性をある程度調査するべき(AppSumo側もしている)
  • サービス側のアカウントをすでに持っていた場合は適用外になる商品もある(書いてあるので要確認:新しく作成すればOK)

補足すると、潰れたら強制的に生涯が終わり、本当に商売をしているのか疑わしいほどAppSumoに戻ってくるDeal(取引)がある。

大抵は2回だが、ShortPixelのように設備投資をして新サービスを開始するわけでもなく、何も変わっていないのに3回戻ってくるとなると「AppSumoで売っているのが正規価格」の疑惑。

この件はAppSumoユーザーにも突っ込まれるため(「過去の取引と何か変わりましたか?」等)、コメント欄を確認することを強く推奨。

ただ、例外的にDepositPhotosのように毎年戻ってくることを期待されている、素晴らしい有料画像サービスもある。

他にも小ネタ・注意事項を画面左下のピンク色ボットに記載しているので、見ておくといい。

スポンサーリンク

AppSumoはビジネスを加速させる

既存のビジネス・新ビジネスは間違いなく効率化され、生産性星人にならざるを得ない。

早速「AppSumoの記事に満足したか」、レビューを残してもらえると喜ぶ。

また、個人情報を取り扱うとなると自分もセキュリティに気を使わなければならないため、現最強のパスワード管理ソフトKeePassかbitwardenを無料で使うといい。

サーバーによるWordPressに最適なセキュリティプラグインも紹介しており、詳しい設定も要参照。

要チェック!
自動画像サイズ最適化・圧縮・WebPをCDN配信!

コメント

  1. NONAME より:

    Appsumoいいよね。俺は最近、Brizy、endorsal、Heights、Wishlist、Hey Oliverを買ったよ。
    時々、ぶっ壊れ級のヤベェ代物が入ってくるから見逃せない。
    運営者さん、Appsumoの紹介記事をかくなんていいねえ。

    • ぷっぷぷっぷ より:

      「みんなわざと隠してる!?」としか思えないくらいに無名なので、「何か理由があるのかな」と思ったら本当に、普通に、なんの小細工もなく無名だった( Ꙭ)(相撲だから余計に)

      時々、ぶっ壊れ級のヤベェ代物が入ってくるから見逃せない。

      ホントおかしいレベルのヤバい(*゚▽゚) その感じを共有できるのうれしい!
      今はとりあえずIceDrive注目してて、Botstarを私は念の為買ったって感じですね。BotStarはレビューがいい感じなのでとりあえず……って、とりあえず購入ばっかりじゃん(´ε`;)
      それにしても、買ったもの書くと何しようとしてるのか大体わかる 笑
      BrizyとWishlistはスルーしたけど、どう転ぶかなー
      純粋に「今後のビジネスとどう繋がるのか」を考えるのも楽しい∩(・∀・∩

      • NONAME より:

        そうそう。とりあえず買っとくか…ってなるんだよな。あるある。
        ロマンで買っちゃうみたいなね。で、実際には買って放置してたり
        使っても最大限活用できている気がしなかったりとね。

        しかし運営者さん相当マニアだな笑

        Botstarも今日で終わっちゃうしなあ。買っといていいかも。
        10周年記念の割引適用使っちゃってしまったけどBotstar俺も買っとくよ。
        ありがと。

        >>純粋に「今後のビジネスとどう繋がるのか」を考えるのも楽しい∩(・∀・∩

        ホントに。あの時代からウォッチしてたんだぜ…と古参気取れるしな(気取らないけど)

        https://trello.com/b/PsgNh2qu/

        ロードマップ見たけど運営者のぷっぷさんも良い意味で中々にぶっ飛んでそうだな笑。
        今後もブログを応援してるよ。ブクマ入れとくね。
        返信あざした!

        • ぷっぷぷっぷ より:

          _人人人人人人人人人人_
          > 完全にAppSumo中毒 <
           ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

  2. ぷっぷぷっぷ より:

    とりあえずSocialAnimal買ったー
    使った感じはこちら
    わかりやすくいうとBuzzSumoと同じジャンル。
    ついでにicedriveを2TBに。

    さらに、気になるのはmetricoolかな。
    Google広告やFacebook広告などいつもの広告を分析と管理ができるらしい。ちょっと難しい(´ε`;) どう考えても玄人向け。
    ※いろんな広告を出稿して、例えばTwitterとGoogle広告をテスト → 比較して、どちらが効果的だったかーとかで使うっぽい。

    今後のリスティング(Web検索で出てきちゃう広告のこと)を考えるとほしいけど、他の使い方が今の能力じゃわからない……。
    とりあえず買おうかな(また!)
    このmetricool、Googleパートナーの模様。
    とりあえず買ってばっかで手が止まらないよ!
    無料のアニメーションアイコンみたいなのや、名刺スキャンツール(Plus限定)もきているので気づいたら取得しておくんですよー(;`O´)o

  3. 匿名 より:

    Brizy,ちょっと前まで無料でしたね(ゲス顔

    • ぷっぷぷっぷ より:

      あれ、Brizyのプラグインじゃなかったかな?(確保済み(*´σー`)エヘヘ)
      そもそも無料で使えるプランあったはず(分かりづらいけど今もあるっぽい?)

      • NONAME より:

        正直、Brizyはもっと積み重ねて買っといても良かったかも。
        今になってそう思うよ。

        • ぷっぷぷっぷ より:

          そう言われると買っていない私大失態疑惑( Ꙭ)
          確かにAmazon EC2 + ロードバランサーとか意味わからない、激安VPSで月20ドル取られそうなレベル(amazonなのでかなり高いはず)なので一つくらい買っておいたほうがよかったのかなー。
          「そこまで調べておいてなんで買わなかったの」感すごいでてる!
          だってー、使う用途何も思いつかなかったんだもーん(´ε`;)
          ※第三者さんへ:Brizyはすでに2回戻ってきていて、72時間後?すぐ撤収しました。次回狙うならブラックフライデーくらいしかチャンスはないかと思います(それでも来るとは限らない)。
          ちなみに、公式にAppSumoプランとどう違うのかわからないけどLifetime299ドルが数量限定で残っている模様(売り切れ次第価格倍だそうな)。
          参考The Best Website Builder | Brizy for WordPress & Cloud
          AppSumoに来てたやつと、今やってるLifetimeはWordPressじゃないと思う。公式にはWordPress版(デザインプラグインかな?)もある模様。一回テストしないとどういう仕様なのかよくわからない(゚~゚o)

          • NONAME より:

            掴めなかったのは仕方ない。これこそ「Don’t ever relive this heartbreak」だな。

  4. 匿名 より:

    GIVEAWAY of the Dayみたいなしょーもないやつかと思ったらなんかそうでもない感じ
    買う前の下調べは当然必要だけど、少なくともゴミばっかりでは無さそう
    どっちかと言うとあれか、Steamみたいなもんか

    • ぷっぷぷっぷ より:

      しょーもないやつ( Ꙭ) 確かに 笑

      どっちかと言うとあれか、Steamみたいなもんか

      ゲームをダウンロードするプラットフォームのことかな?(゚~゚o)
      インディーズゲームをAppSumoで例えると「スタートアップ」で確かに似ているかも!

  5. NONAME より:

    Crello使いにくくない?
    日本語で使用しようとするとまともに入力できないの俺だけ?
    サポートに聞いたら、「日本語フォントアップして、メモ帳などからコピペで使って」と言われちまった。
    ぷっぷさんはまともに使えてる?

    • ぷっぷぷっぷ より:

      まだまともに使っていないです(´ε`;)
      ちょっと他が忙しいので購入して適当に使っただけですが、確かに日本語入力すると増えまくりますね。

      Crello紹介ボタンのテキストを「フォントに難アリ」へ変更しました。

      以前Gutenbergにあった「2バイト文字(英語は1バイト、日本語とかは2バイト)で起きるバグ」とほぼ同じ動作です。
      2バイト文字はは結構不具合起きちゃうので、これはきついけど中国の方の利用者が多ければ流れで2バイト文字正式対応されることがあるかもしれないので、今は待ちなのかな?
      ※まだ中国語に対応してすらいない模様。

      ちなみに、RelayThatは日本語打てますが「日本語対応フォントではない」とダウンロードしたときに文字化けします。
      ※まだCrelloのほうがマシだとは思いますが、何もデザインしておりません 笑

      なので、日本語対応フォント(私はGoogleのやつ)をRelayThatにアップロードして、その3つのフォントしか使ってないですね(゚´Д`゚)゚。
      そもそも日本語に対応していないフォントは英語打つ時しか使えない仕様なのかな?
      公式から推奨された方法でできるのであれば、私的には全然許容範囲です。

      「メモ帳などから」という面倒は無視できないので、ブラウザで使えるセキュリティの高いメモ帳みたいなサービスをお使いください。暗号化されていまーす∩(・∀・∩
      PrivateBin
      私は記事スピード遅いから問題ないのであって、アイキャッチ作成しまくりならちょっと困っちゃうかも。
      とりあえずPrivateBinは便利でほぼ毎日使っているほどなので、コピペする際にお使いください。

      • ぷっぷぷっぷ より:

        NONAMEさんのコメント
        ※以下はサーバー移転中のコメントだったため、ぷっぷが手動でコピペしたものです。

        ぷっぷさん、ありがとう。
        中国人の利用者が増えてくれることを祈るしかないな。
        どちらにせよ。今のうちに掴んでおいていいと思う。
        ぶっちゃけ、現時点でRelayThatとCanvaあれば他はいいかなってのもあるし。
        PrivateBin教えてくれてありがとう。

        • ぷっぷぷっぷ より:

          そうですね、このツールはかなりヤバい部類の結局買わないと後悔するやつなので、我慢ですね∩(・∀・∩
          RelayThatは使いやすいのかいまのところよくわからないけど(覚えちゃったから使えてはいる)、Canvaはかぶるから使わなーい
          LINEの記事だけCanvaで作ったアイキャッチだけど( Ꙭ)

タイトルとURLをコピーしました