Keepass2Androidプラグインでキーボード変更をスキップ

KeyboardSwap パスワード管理ソフト
この記事は約8分で読めます。

毎回「キーボード変更」をするわけだが、このプラグインでそれがなくなる。

理想のWebログイン手順

つまり、「ログインページ」→「入力」という『利便性の完全体』までたどり着くことができ、Keepass2Androidアプリガチ勢になることができる。

どうみてもAndroidアプリを制作する際に必要なツールを使っているように見えるだろう。

だが、この記事のとおりに進めれば専門知識を無視してとても簡単に導入できる。

終わった後に「もう1度やってみて!」と言われたら、3分で終わらせることができるほどに。
残念ながらAndroid端末のみで設定できないので、準備をしよう。
スポンサーリンク

準備・やることリスト

よくわからない技術を使い、よくわからないまま機能を有効にすることだけを目標にして進めていく。Keepass2Androidと同じ開発者のプラグインアプリのため、信頼している前提だ。

必要なものは以下のとおり。

  • Windows・Mac・Linuxのパソコン
  • パソコンとAndroid端末(スマホ)を繋げるUSBケーブル

USBケーブルは充電に使っているものを流用していいので、必要なものは実質OSを搭載したものだけだ。

ざっくりやることを説明する。

  • Android公式のパソコン用ツールをダウンロード
  • パソコンとスマホを繋げてスマホにルールを植え付ける
  • キーボードの変更が自動で切り替わるようになる

「二度と使わないと思われるツールと専門用語」が意味不明なので、完全に専門系を無視・時短に専念し、何かできそうになければすぐに諦めよう。

すごく高度なことをしているように見えるだろうが、終わった後にしか簡単だということはわからない。

仕様をまったく理解していないため、この方法で不具合が起きても当サイトは免責事項「責任逃れ」を発動させ、責任を負わないズルい方法を使う。

SDK Platform-Toolsをダウンロード

おそらくAndroidアプリを作成する際に利用するSDK Platform Tools release notes  |  Android Developersへアクセスしよう。

上記ページの「SDK Platform-Tools」というものをダウンロード。

ここではWindowsで進めていき、「利用規約」をある程度読んでおこう。

ダウンロードするOS選択

ダウンロードしたzipフォルダを「すべて展開」すると、zipではない同名フォルダが誕生。

すべて展開する

展開したフォルダの中にあるフォルダ「platform-tools」を開き、画像のようにファイルの場所をコピーし、時がくるまでこのフォルダを放置する。

ファイルパスをコピーしておく

Platform-Toolsを使えるようにする

放置したフォルダを使えるようにするため、デスクトップ左下にある「Windowsマークを右クリック(Windowsキー + X)」して画像のように進める。

システムを開く
システム情報を探す
システムの詳細設定を開く

「システムのプロパティ」が表示されるので、「環境変数」をクリック。

環境変数をクリック

「Path(パス)」を選択して「編集」をクリック。

パスを選択して編集に進む

「新規」を押すと入力欄が増えるので、このタイミングでさきほどコピーした「放置フォルダの場所」を貼り付けして「OK」。

環境変数名の編集
貼り付け完了したらOK

この方法は以下のサイトを参考にさせてもらった。

Android側の設定

Androidに処理を植え付けるため、設定を変える必要がある。

「開発者向けオプション」がすでに出現している方は、次の「ビルド番号」のタップを無視してそのまま開発者向けオプションをタップ。

Androidの「設定」→ Android8.0以降は「システム」、それ以外は「端末情報」的なもの →「ビルド番号」を7回タップ →「端末情報」的なものに戻る → 出現した「開発者向けオプション」を「ON」にし、デバッグにある「USBデバッグ」にチェックを入れ「許可」する。

USBデバッグにチェックをいれる
「USBデバッグ」の下に「USBデバッグの許可の取り消し」とあり、すべて終わったら取り消すのでこの画面はバックグラウンドに残しておこう。

Keepass2Androidを開き、「設定」→「アプリケーション」に進む。

縦3点リーダーをタップ
設定をタップ
アプリケーションへ進む

「パスワードエントリーへのアクセス」→「キーボードの切り替え」→「キーボード自動切り替え」にチェックを入れる。

パスワードエントリーへのアクセス
キーボードの切り替え
キーボードの自動切り替え

プラグインインストール済みだったので写っていないが、実は「キーボード自動切り替え」の下にプラグインアプリにアクセスできる方法が書いてあるはずなので、そのままアクセスしよう。

KeyboardSwap for Keepass2Androidのインストール

ようやくアプリをインストールする。

keyboardswap-for-keepass2androidのQRコード
KeyboardSwap for Keepass2Android

KeyboardSwap for Keepass2Android

Philipp Crocoll (Croco Apps)posted withアプリーチ

インストールし終わっても開かない(開いても大丈夫だが、まだ無視)。

パソコンとスマホを接続する

USBケーブルでパソコンとスマホを接続し、Androidに「USBデバッグの許可」を求められるので許可する。

求められなくてもそのまま進めよう。

USBデバッグを許可する

続けて「Windowsマークを右クリック」→「Windows PowerShell」をクリック。

管理者のPowerShellも存在するが、普通の方でOK。

PowerShellをクリック

すると、専門的な画面が出現する。

以下の文字列すべてを「コピー(Ctrl + C)」→ PowerShellに「貼り付け(Ctrl + V)」→「Enter(エンター)」を押そう

adb shell pm grant keepass2android.plugin.keyboardswap2 android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS
コピーした文字列を貼り付け
エンターを押す
さきほどAndroidに「USBデバッグの許可」を求められなかったら、Enterのタイミングで求められ、「デーモンがどうのこうの」言われてしまう。許可してからもう一度上記の文字列を貼り付け、Enterを押そう。
デーモンがランニングしないぞと脅してくる

成功していれば表示が次の段落に移動するだけで、エラーだと「error: no devices/emulators found(スマホと繋がってないよ)」のようなerror文字かデーモンがでる。

ここでエラーが出てしまった方は、残念ながら私には原因がわからず救えない。「元に戻す」の章まで進み、案内に従って戻してこよう。良い挑戦をありがとう。

最後にインストールしたアプリを開き、今までやってきた「TEST CONFIGURATION(設定のテスト)」を確かめるボタンを押して「Great!(グレート)……」と出れば終了だ。

TESTをタップ
Great!

Great以外に「Did not(キーボード有効化されてないよ)」・「No Permission(設定してないでしょ!)」というのもあるが、Did notは押した瞬間にGreat化するので安心して良い。

この状態でプラグインが正常に使えるようになった。

スポンサーリンク

元に戻す

すべてが完了したり、エラーで進めない状態を放置するのは知識が足りないことによる恐怖を感じるので、できるかぎり戻しておこう。

いろんなところにファイルが残っているなど技術力のあるものはわからないので無視するが、やったことを元に戻すのは簡単だ。

以下の「戻すポイント」を確認してさかのぼろう。

  1. Platform-Toolsのzipフォルダと展開したフォルダをすべて削除
  2. Platform-Toolsを使えるようにする』で貼り付けて追加した「C:\Users\……」のようなものを削除
  3. Android側の設定』の「USBデバッグ」のチェックを外し、その下の「USBデバッグの許可の取り消し」もタップ(バックグラウンドに残っているなら、すぐにでも取り消せる)
  4. 「エラーがでて先に進めなかった方のみ」KeyboardSwap for Keepass2Androidアプリのアンインストール(間違えて本家の方を消さないように)
スポンサーリンク

使い方を間違えるとエラー

入力フォームにカーソルを合わせてもすべてのキーボードが表示されない。

この原因は使用している初期設定のキーボードが「Great!(グレート)……」後に空欄になるため。

同じ状態になった方は、Androidの「設定」→「言語と文字入力」→ キーボードと入力方法の「現在のキーボード」が空欄になってしまっているので、元のキーボードに戻そう。

ちなみに、この状態でアプリをアンインストールしても空欄状態は解消されない。

上記は使い方を間違えたため。

Webブラウザログインを「Webブラウザ」から進んでしまったことが原因で、「Keepass2Androidに登録したURLをタップ → ログインページにアクセス」するのが正解だ。

この環境で初めて「ログインページ」→「いきなり入力」の完全体になることができる。

この環境は「キーボード変更」と「エントリーの選択」がスキップされる。プラグインの役目は「キーボード変更」のスキップのみだ。

使い方を間違えているだけなので、次の記事で確認しよう。

スポンサーリンク

その他の高度な設定

Keepass2Androidアプリの設定とWindows版KeePassの設定を詳しく紹介している記事があるので、時間に余裕ができたら確認だ。

コメント