【移行】1Passwordからbitwardenにインポート

ThankYouパスワード管理ソフト
この記事は約5分で読めます。

この記事では「1Password情報をエクスポート(書き出し)」→「bitwardenにインポート(読み込み)」させていく。

1Passwordとbitwarden(ビットウォーデン)との目立った違いは、

  • 有料・無料
  • 動作が重い・軽い
  • Windows Helloに対応・未対応

と、ほとんどの人に都合の良い状態だ。自動入力はこんな感じ。

ブックマークで自動入力

ただ、1Passwordはオープンソースではないとはいえ、月額課金のおかげか新機能対応(Face IDやWindows Helloなど)も速く、セキュリティも十分である。

それでもbitwardenの魅力に惹かれたのだろう。

この記事の手順に従い、bitwarden導入をアシストしていく。

スポンサーリンク

bitwardenとは

添付ファイルが有料(1GB:追加可能)という点を除いて、不満なく使えるオープンソースの無料クラウド型パスワード管理ソフト。

無料プランは以下のとおり。

  • 永遠に無料
  • 2人までは共有OKかつ無料(3~5人は月額1ドル)
  • 顔・指紋の生体認証に対応(アプリのみ)
  • すべての端末同期
  • 情報登録無制限
  • 2段階認証
  • 自分の好きなクラウドに変更(高難度のため紹介未定)

公式サイトOpen Source Password Management Solutions | Bitwarden

年10ドルのプラミアムプランは今のところ必要ないだろう。

一応有料プランの目玉としてTOTP(2段階認証)のコード生成が付いている。当然Webですべて完結してしまうので、スマホの2段階認証アプリが必要ない状態になるリスクは考えること。

という感じで、オープンソースで利用者が増えるほどコード確認をしてくれる人が増え、企業では到底なしえないほどバグや不正を防止する「セキュリティ系最高メリット」もたずさえている。

「セキュリティと利便性を両立」されると負けることは予想されていたので、「ついに!」といったところだろうか。

ぷっぷ
ぷっぷ

パソコンでWindowsHelloが使えるくらいしか差がないかも。

bitwardenの魅力はこちらを参照。

「bitwardenアカウント」がなければインポートできないので、先にアカウント作成をしておこう。

【SSS】bitwardenスマホアプリのダウンロードと自動入力の使い方
顔・指紋といった生体認証に対応、しかも無料でオープンソースの『現クラウド型パスワード管理アプリの王者』bitwarden(ビットウォーデン)。
スポンサーリンク

1Password(6・7)からエクスポート(書き出し)

こちらは新しい1Passwordのデータ移行なので、古いバージョンの方は次の章
1Password(4)からエクスポート(書き出し)」まで読み飛ばそう。

MacがないのでWindows版で説明する。

なお、エクスポートはWebブラウザ・拡張機能からできない。

デスクトップアプリを開き、①「適当な項目」をクリック → ②「すべての項目」を全選択(Windows:Ctrl + A Mac:Command + A)→ ③全選択した項目のどれかを「右クリック」→ ④「エクスポート」。

エクスポートする

保存場所はわかりやすいデスクトップにでもしておき、ファイル名は適当、拡張子は次の画像のように項目を変えるか、名前の最後に「.csv」と付ける。

ファイル名と拡張子を決める
保存したら、次の章「1Password 4からエクスポート(書き出し)」は古いバージョンなので、「bitwardenにインポート(読み込み)」の章まで読み飛ばそう。

1Password(4)からエクスポート(書き出し)

スタンドアロンWindows版は日本語化されておらず、若干見づらいが参考にしよう。

左上の「File(ファイル)」→「Export(エクスポート)」へ進む。

エクスポートする

「1Password Interchange File(1pif)」というものにし、「All Items(すべてのアイテム)」を選択すると、すべての情報をエクスポート(書き出し)できる。

1pifにして、すべてのアイテムにする

ファイル名は適当でいいので、わかりやすいデスクトップにでも保存しておこう。

ファイル名を決める

そうすると、「このファイルは暗号化されていないからあとで消してね!」的な表示がでるので「OK」をクリック。

注意事項が出現
スポンサーリンク

bitwardenにインポート(読み込み)

Web保管庫からしかインポートできないのでアクセスしよう。

web保管庫へのQRコード
気が利くQRコード
Web保管庫ログイン画面

次の画像のように①から⑤まで順番に進める。

インポートする
インポートが成功したら、そのファイルを完全に削除しないと危険なのでゴミ箱からも削除しておこう。
スポンサーリンク

1Passwordのアカウントを削除

Webブラウザから削除することになる。

1Password Webログインにアクセスし、「自分のアカウント名」→「マイプロファイル」を選択。

マイプロファイルまで進む

「マイプロファイル」の下の方に危険ゾーン「アカウントを永久に削除」があるのでクリックし、あとは案内に従って削除しよう。

アカウントを削除する
もちろん永久に消滅するので、bitwardenへの移行が完全に終了したと判断してから削除しよう。1ヶ月後のカレンダーに「1パスワード削除」とでも書き、この記事をブックマークしておけば準備万端だ。

拡張機能やデスクトップアプリを削除してもアカウントが削除されるわけではないので、アカウント以外は削除してしまおう。

スポンサーリンク

bitwardenへようこそ!

当サイトはbitwardenの紹介記事も充実している。

すでに初期設定も終わっていれば、カスタムフィールドで複数項目(Android不可・iPhone未確認)に対応させたり、意図的に負荷をかけてセキュリティを向上させよう。

アカウントを作成しただけで初期設定が終わっていないのなら、もう一度確認!

すぐにでも家族や友達と組織として共有したいならこちら。無料プランでも自分を含めた2人まで共有可能だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました