なくしたAndroidスマホを「端末を探す」でロック・消去

スマホを紛失 Webサービス
すでにスマホを盗難・紛失中の方は準備とできること(バグも確認)まで読み飛ばそう。

大切な情報が入ったスマホはあなたの情報だけではなく、電話帳や友達とのトーク履歴など、かなりマズいものが入っている。

この記事は友達の情報を預かっている事実を自覚させ、テンポよくデータ消去の大切さと決断を促し、準備と実行に片足を突っ込ませていく。

タイトルにスマホとあるが、Android端末であればタブレットも同じ方法だ。また、ブラウザ版とアプリ版もあり、使用感はほぼ一緒となっている。
スポンサーリンク

準備とできること(バグも確認)

私の端末は最初から追跡できたので、おそらく設定する必要はないが確認しよう。

  • 電源がオンになっている
  • Google アカウントにログインしている
  • モバイルデータ ネットワークまたは Wi-Fi に接続している
  • Google Play での表示がオンになっている
  • 位置情報がオンになっている
  • 「端末を探す」がオンになっている

引用Android 搭載端末を紛失しても見つけられるように準備する – Google アカウント ヘルプ

『「端末を保護」と「端末データを消去」が表示されないバグ』のせいで、上記調べることに「バグを確認すること」がプラス。

上記を調べる前に端末を探す(Find My Device)へアクセスしよう。

下記画像のように「自分の端末位置(地図)」・「端末を保護」・「端末データを消去」が表示されると上記調べることができているため、画面ロックを設定して時間稼ぎまで読み飛ばそう。

すでにスマホを盗難・紛失中の方のみ端末を探すまで飛ぼう。
有効にしてバグを確認

表示されないなら以下の方法を確認。

Google Playにアクセスし、「メニューに表示する」にチェックを入れる。

入っているはずだがチェックを入れる

次にAndroidではなく「Google設定」→「セキュリティ」を選択し(なければそれらしきところ)、「端末を探す」をONにする。

バグをこのタイミングで直したいので、ONにしたら一度OFFに戻し、再度ONにしよう。「端末を探す」がそもそも見つからないのなら、今度はGoogle設定ではなくAndroidの設定 → セキュリティから似たようなところを探そう。

ONにしてみるとわかるが、GPSのマークが付かないので電池消耗を気にする必要はなさそうだ。

「端末の保護とデータ消去を有効にする」を押しても「端末を保護」・「端末データを消去」が表示されないバグはこれで直っただろう。

有効化が成功すると、このような表示になっている。

有効化成功すると2つ表示される

画面ロックを設定して時間稼ぎ

先に述べておくが、紛失したスマホにすることは「データ消去」が正解だ。

スマホ代金(高ければ10万円前後)を犠牲にし、安全にする取引だと割り切ろう。

画面ロックの強度は「パスワードやPIN」>「指紋や顔などの生体認証」となっており、利便性は勝っても複製・採取できる点で生体認証は劣る。端末によっては生体認証とPINの合わせ技ができるので、コレを機に試してみよう。

端末の暗号化は「解読できる時代」まで保管されると時限爆弾になることから、やはりデータ消去を避けられそうもない。

データ消去から逃れられない

通信を切断されると何もできず、何も救えない。

画面のロックをするまえにSIMを抜かれ、Wi-Fiも切られ、電源も切られると追跡もできず、データ消去もできなくなる(データ消去命令を受信できないため)。

実際、データ消去をする時間との戦いだ。

通信が切断される前に画面ロックをしてもいいが、追跡できないので返ってくる保証がなく、「消去しておけばよかった……」となってからでは遅い。

ちなみにSDカードは初期化できないため、最低でも暗号化・できれば変なものを入れるのはやめよう。大手キャリアではSDカードもろとも初期化してくれるサービスがあるそうだが、存在だけ教えここでは紹介しない。
スポンサーリンク

あなたのスマホでも友達の情報が入っている

残念ながらほとんどの人は重要視していないようで、漏らされてしまう。

このことを知るだけで「端末データを消去」の迷いが薄れ、紛失した際にすぐに決断できるようになるかもしれない。

  • SNSのトーク情報は丸見え・チャットができる
  • 電話帳から個人情報が漏れる
  • 写真

多くは語らないが、自分どころか友達の人生を壊すこともあり、『10万円以上するスマホをキッパリ捨てられる心構え』と対処法を熟知しよう。

10万円は1ヶ月で稼ぐことができるし、お金で解決できるのだ。

データ消去はメンタル(精神面)との戦いとなっており、「友達の情報の価値は友達が決めること」だということも忘れないでほしい。

スポンサーリンク

端末を探す

この機能はWebブラウザ版端末を探すとアプリ版 Find My Device で使え、ここではブラウザ版を紹介するがどちらも同じ使い方なので、アプリ版は参考にすると良い。

Find My Device

Find My Device

Google LLCposted withアプリーチ

緊急時のためにブックマークを推奨し、念のためこの記事のQRコードを置いておく。

ブックマークするなら追跡確認用端末と、紛失しそうな端末両方にしておこう。端末が一つなら「家族と協力して追跡できるよう準備する」のはアリだ。

この記事のURL・QRコード

事前にアカウント情報が入力されていないとログインを迫られるので、ブラウザ版・アプリ版共にログインを推奨。

なお、データ消去はログイン情報を迫られる可能性があるので、最悪は画面ロックしかできない。

2段階認証を設定している方:2段階認証手段が紛失した端末にしかない場合は、事前にGoogleアカウントから「バックアップコード」を取得し、スマホがなくても2段階認証を突破できる状態にしておこう。

公式サイト2段階認証プロセス(バックアップコード取得ページ)

端末を探すのトップページ

音を鳴らす

音を鳴らす
盗難確定は犯人を煽るだけなので、使用はオススメできない。

押すと「自分で設定した着信音」が、マナーモードを無視して最大音量で鳴る。

押したあとは着信音を停止する表示がでるので、発見したら停止しよう。基本的に近くにある前提で使うもののようだ。

電池が切れると追跡できなくなるため、電池残量を気にしよう。

端末を保護(画面ロック)

端末を保護
画面ロックやメッセージがスマホに出現した時点で泥棒は追跡されていると気づき、「電源を切ること」が予想される。電源を切られると通信ができず、通信はおろか「データ消去」の命令を次にオンラインになるまで受信できず、発動しない。一番最初にする行動はロックではなく消去だと覚えておこう。

画面ロックを設定していなくても、この機能で強制的に付けられる。

その際は強力なパスワード・PINを設定しよう。すでに設定していたなら、残念ながら上書きすることはできない。

設定が終わっていればメッセージも送ることができる。

善意の恥ずかしがり屋さんをカバーするため、拾った人が顔を合わせない方法を記入しておこう。

端末を保護する

盗まれたのが確定しているなら記入する必要がないので、「端末を保護」をすぐにでも押そう。

そうすると、以下のような設定した文章がAndroid画面に出現。

画面ロックメッセージ

プッシュ通知は表示されるし、本当にメッセージを伝えるためだけの遠隔画面ロックだ。

ブラウザには「セキュリティ診断を実施してください」表示がされ、タイミング的に今更なので無視してOK。

セキュリティ診断を促される

なお、解除してもとくに何の表示もないため、ロックしたのに「実は解除されてました!」なんてことも起こるかもしれない。

「端末をロックし、Googleアカウントからログアウトします。」と書いてあるが、ロック画面解除後、ログアウトされていなかった。今すぐログアウトしたいなら別の機能「スマートフォンを探す」にログインし、読み進めよう。

端末データを消去(初期化)

端末データを消去
本来、一番最初に検討するべき手段。画面ロックやメッセージを送ると泥棒が気づいて通信を切断し、データ消去命令が次回オンラインになるまで発動しないからだ。

この機能はメンタル(精神面)が非常に重要で、事前に想定していないとまったく「行動・選択・決断」ができない点に注意。

必ず友達の情報を扱っている自覚を持ち、スマホ代(10万円?)と情報を天秤にかけ、10万円を捨てる覚悟を持とう。

押すと注意書きと共に「端末データを消去」が表示される。

端末データを消去する

書いてあるとおり、Googleアカウントへのログインがここでも求められる可能性があるため、アカウント情報を持ち合わせていないと消去できないケースがある。

そうなると画面ロックを先にするしかないので、端末を保護(画面ロック)を参考にしよう。

画面ロックで時間稼ぎをしている間に、家に電話をかけログインしてもらおう。

なお、この方法で初期化すると初期化前に使用していたGoogleアカウント情報を入れない限りAndroidが使えず、売却もできない(店が買い取ろうとしない)。

運良く返ってきたなら、自分しか使用できないということだ。

スポンサーリンク

別の機能「スマートフォンを探す」

スマートフォンを探すという機能がある。

ほとんどは「端末を探す」と同じ機能だが、Googleアカウントからログアウトできたり、電話をかけることやSIMカードの無効を促してくれるので、ロック後や消去後は確認すると良い。

この方法は毎回ログイン画面が出現するので、2段階認証を設定しているならバックアップコードをパスワード管理ソフトなどに保存しておこう。

スマートフォンを探すでできること

Googleアカウントからログアウト

なぜか画面ロックの際にGoogleアカウントからログアウトできていないので、この方法でする。

ログアウトを押す
端末をロックしていないとロックや同期するまでGoogleアカウントからログアウトができていなかった。先にやるか終わったあとに、必ず画面ロックをしよう。不安なら、画面ロックを3回ほど連打だ!
スポンサーリンク

他サービスの連携解除

クラウド・電話帳・電子マネーなど、何かと個人情報・悪用されかねない他のサービスを連携して管理している場合は、他のサービスに一つ一つログインして解除しよう。

数千円程度なら電子マネーは後回し・または完全無視で封印させ、データを優先すること。

スポンサーリンク

事前の想定が大事

これらの想定は実際に遭遇した際に防災訓練のような役立ち方をする。特に、友達の情報を扱うということに気づき助けてあげよう。

そうすれば「迷惑メール」はなくなるかもしれない。

ところで、Googleアカウントのログインを何度も迫られたはずだ。

Googleアカウント情報を家族に伝えるとしても、忘れそうなら不安なので「1つのマスターパスワードですべてのアカウント情報にアクセス」できる安全な方法を紹介する。

しかも、自動入力可能だ。

ブックマークで自動入力

ログインデモ

当サイトは「パスワード管理ソフト」を猛プッシュしているので、この記事で説明した「バックアップコード」や「連携中のサービスリスト」など、なんでも暗号化して1つの場所に保存しよう。

自称パスワード管理ソフトガチ勢の記事なので、とても参考になるはずだ。

パスワード管理ソフトも重要だが、Googleアカウントに依存する時代になっているので、2段階認証は最低限のセキュリティだったりする。

パスワードを適当に使用していてまったく変える気のない人には、非常にお手軽にしばらくの時代安全に使える機能や方法もあるので、こちらもオススメしたい。

コメント